Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20141220P2Ms校正

・自宅三本ローラー(負荷2)60分

Entire workout (209 watts):
Duration: 60:04
Work: 747 kJ
TSS: 77.7 (intensity factor 0.922)
Norm Power: 221
VI: 1.06
Distance: 33.853 km
Min Max Avg
Power: 28 271 209 watts
Cadence: 23 123 89 rpm
Speed: 8.2 57.6 34.0 kph
****************************
体重:NA
安静心拍:NA
FTP:240W/ATL75.3/CTL66.9/TSB-8.3
機材:KING3 + P2Ms/wRIDEA + 手組みチューブラー/wPT
****************************

・『Power2Maz TYPE-S』をワンちゃん号に移植したので、例によって手組みチューブラー(PT付き)を履かせて三本ローラーで比較・校正のテスト。

・メニューはLTインターバル(ちっく)に、L3.L4領域を中心に小一時間ほど。

・で、比較したのが下記の通り。

(左の9月のデータは以前導入直後にC59に付けていたときのモノ。右が今回の数値。)


P2MS-PT比較


・またL6領域より上を試してないからわかりませんが、今のところ見事といっていいほどの精度(対PT比で、ですが)。

・クランクを組み替えてもチェンリング変えても「なじみ」期間を必要とせずにこの精度が出せるのが素晴らしい!いったいどういう仕組なんだろうか?

・スロープ校正の手段がないPower2Maxですが、これならそんな必要はないのかも?

(あくまでも「PT比」であって、この数値が正しいというわけではありません)







20141218『ワンちゃん登場』

・自宅~三郷付近往復30km

Entire workout (175 watts):
Duration: 1:08:51
Work: 721 kJ
TSS: 73 (intensity factor 0.806)
Norm Power: 193
VI: 1.11
Distance: 31.707 km
Min Max Avg
Power: 0 538 175 watts
Cadence: 6 110 72 rpm
Speed: 0 58 27.6 kph
****************************
体重:NA
安静心拍:NA
FTP:240W/ATL87.4/CTL68.2/TSB-21.6
機材:KING3 + P2Ms/wRIDEA + BORA1/wArenberg
****************************





2007年の初夏。自転車雑誌で一目惚れして。

夏頃に思い切って注文して。

待つこと実に10ヶ月余り。

で、2008年の5月。

ハートマークの「IDOL」が我が家にやってきました。

これがシェイクダウンした頃。

CA3A0182.jpg



生まれて初めて、ヒルクライムレースの表彰台に乗せてくれてたのもIDOL。

idols_20141220174537a1a.jpg


目標だった「ノリクラ70分切り!」とか「おきなわ130km」とか三宅島優勝とか、夢だった舞台に連れていってくれたのは、みんなこのIDOLでした。


**



2010年の冬には、このコの生まれ故郷、イタリアミラノ郊外にあるDEROSA工房にもいってきました。

DSCN1987.jpg

DSCN2004.jpg

DSCN2012.jpg

DSCN2021.jpg

DSCN2010.jpg

DSCN2015.jpg

DSCN2022.jpg

DSCN2028.jpg

DSCN2039.jpg


同年5月、Aprico開店したその年サイクルモードで来日していたクリスティアーノが、突然Apricoにやってきたときの、驚きと喜びは今も忘れない。

IMG_1402.jpg



***


家族や仕事や環境も激変して、昔みたいに自転車ばっかり乗れなくなって、レースからもすっかり縁遠くなってしまっても、Apricoの壁に飾って、キッチンからずっと眺めてるだけでシアワセでした。

blog_import_4c8dbaccedebb_201412201742592c2.jpg



その後、C59とか乗るようになって、その剛性感や安定性の良さの虜になって、
「これはもうIDOLに乗ることはないだろうなあ」
と、ずっとそうおもってたのに、なぜかふとしたときにまた乗りたいと思う。

乗るとなぜかほっとするというか、安心するというか、そんな安堵感がある。

どこがいいのか?って言われると、大して軽くないし、直線性も良くないし、下りの安定感に欠けるし、登りはダルいし、うーん、、なんだろう?あえていうならその特徴の無さ?凡庸なところ?

いいと思える部分がないのが、このコのイチバンの魅力なのかもしれません。


もっとも。そのビジュアルに惚れ込んだだけだから、性能等にはさして興味ないのだけど。




そんな風にして、なんとなーくずっと乗り続けていた「我が愛しのIDOL」だけど、エンド曲げてスペアパーツが入手出来ないことや、サドル高が足りないことや、BBからの異音が治らないことや、諸々の言い掛かりでこのたび引退することになりました。


思えば、レースにツーリングに出張に(謎)と、いろんなとこに付き合ってもらったなあー(遠い目)


DSC_0245.jpg


DSC_0247_20141220174301c83.jpg


DSC_0249_20141220174303f24.jpg


DSC_0275.jpg


DSC_0288_20141220174316ebe.jpg


DSC_0641_2014122017431884f.jpg


DSC_0256_201412201743192c6.jpg


DSC_0257_201412201743217b6.jpg


DSC_0662_201412201743457db.jpg


DSC_0664.jpg


DSC_0686.jpg


DSC_0712.jpg


DSC_0734.jpg


DSC_2377.jpg


DSC_2400.jpg


DSC_2521.jpg


DSC_2794.jpg


DSC_2933.jpg


DSC_3213.jpg


DSC_3247.jpg


DSC_3365.jpg


DSC_3529_2014122017450913d.jpg


SN3S0911_201412201746247ea.jpg


IMG_20131112_163013.jpg


SN3S0915_20141220174626dcb.jpg


SN3S0916_201412201746271d7.jpg



etcetc....多すぎて載せきれません。


それら、一枚一枚の写真が運んでくる、景色や碧さや風の薫りや川の音や自分の息遣いや、そんな記憶の量はあまりに膨大で、一緒に過ごしたのがわずかに数年だったとは到底思えない。

だから、今は「さよなら」って言っても、またいつか乗せていってくれるんじゃないかいな、また何度でも出逢っちゃうんじゃないかな、ってそう思うんです。



フレームだけの姿なると、なんだか妙に淋しげになるけれど。


DSC_3447.jpg



いままで一緒に過ごした時間に想いを馳せつつ、

精一杯の感謝の気持ちで綺麗にしてあげようと思います。




ボクの永遠のIDOL。

ありがとう。

さようなら。



































・・・で、諸般の事情(割愛)により、この度このコ輿入れしてきました。

DSC_3443.jpg


DSC_3446_20141220174710bf9.jpg


DSC_3444_201412201747081b8.jpg


KING3(=王三)だから『ワンちゃん』と命名。

DSC_3442.jpg


さあ、これからたくさんの山々を一緒に登ろう!

ワンワンキャンキャン言いながら(^^)




20141217ECRウインドクライム

・自宅~流山橋往復40km

Entire workout (185 watts):
Duration: 1:29:23
Work: 990 kJ
TSS: 99.6 (intensity factor 0.823)
Norm Power: 198
VI: 1.07
Distance: 40.976 km
Min Max Avg
Power: 0 541 185 watts
Cadence: 9 104 67 rpm
Speed: 0 44.5 27.7 kph
****************************
体重:NA
安静心拍:NA
FTP:240W/ATL89.8/CTL68.1/TSB-20.8
機材:C59 + ELSA/wRIDEA + 手組みチューブラー
****************************

・超強風、につきECRでウインドクライム。

・ついでにELSAのPT比較、校正など。

・ゼロオフセット値は300で安定。

で、

Dur/ PT/ELSA
_5s:485/496W
10s:476/486W
20s:446/455W
30s:406/410W
_1m:292/292W
_2m:250/256W
_5m:211/221W
10m:209/216W
20m:202/208W
30m:199/207W
30m:188/197W


・概ね、PT比でELSAが3~4%高い、ということでほぼ理論値通り。へんにスロープ校正しないでこのまま使おうか?

・当初の、あのダメなコっぷりはいったいなんだったのでしょう?



20141216ローラー

・自宅三本ローラー40分

Entire workout (173 watts):
Duration: 42:47
Work: 443 kJ
TSS: 42.3 (intensity factor 0.774)
Norm Power: 186
VI: 1.08
Pw:HR: n/a
Pa:HR: n/a
Distance: 23.781 km
Min Max Avg
Power: 0 253 173 watts
Cadence: 38 116 87 rpm
Speed: 8.9 44.8 33.7 kph

****************************
体重:NA
安静心拍:NA
FTP:240W/ATL88.1/CTL67.4/TSB-27.8
機材:C59 + ELSA/wRIDEA + 手組みチューブラー
E-motion
****************************

・諸事情によりIDOLにつけてたELSAをC59に移設したので、今回は負荷をいろいろ変えつつPTとデータ比較。アンドキャリブレーション。

・備忘録;ゼロオフセット値は+285くいらから始まって現在プラス300~305くらいで安定。


Dur/ PT/ELSA
5s:227/235W
10s:223/231W
20s:219/228W
30s:219/227W
1m:218/226W
2m:216/224W
5m:213/220W
10m:210/218W
20m:193/194W
30m:184/184W


20141214Aprico山岳ツーリング『房総Six』

・房総ツーリング143km(登り返し等含む)

Entire workout (144 watts):
Duration: 6:34:43 (9:18:02)
Work: 3385 kJ
TSS: 355.2 (intensity factor 0.758)
Norm Power: 182
VI: 1.26
Distance: 143.273 km
Elevation Gain: 3006 m
Min Max Avg
Power: 0 449 144 watts
Cadence: 2 157 65 rpm
Speed: 0 67.6 21.8 kph
****************************
体重:NA
安静心拍:NA
FTP:240W/ATL111.7/CTL69.6/TSB-8.5
機材:IDOL ELSA/wRIDEA BORA1+Arenberg
****************************

・「房総の山を全部(鹿野山、愛宕山、清澄山、大福山、三石山、おかわりで鹿野山)全部登ろう!」という毎度おなじみなAprico山岳ツーリング。なんともう4回目(!)の開催。

・コースは、君津~鹿野山~もみじロード~横根峠~白石峠~二ツ山・愛宕山~嶺岡林道2号線~鴨川~安房小湊~県民の森~麻綿原~養老渓谷~大福山~亀山湖~三石山~房総スカイライン~鹿野山~君津

約138km/3000mUP。

・県道81号(通称「清澄養老ライン」)は来年3月いっぱいまで通行止めなので、黒潮ラインで小湊までいき、県民の森を登って麻綿原経由で養老渓谷にいく迂回ルートを通ります。


・一度目は5月。二回目は7月。 「フミーマルティン」と「ユキヤB級弟」というザンネンなアシストに助けられて5時間半(Ave26kph!)で終わったというツー錬グ。この時から清澄養老ラインは通行止めで、小湊から「県民の森~麻綿原」経由。
三回目の前回は「けんとも」コンビが見事に完走!という感動ツーリング。
そして四回目の今回はpirataからエースI塚さんを迎えて8名で。



・朝6時君津集合。のときの気温はマイナス1℃
DSC_3454.jpg


・夜明けと共にスタート
DSC_3455_20141215100835540.jpg


・1登目。鹿野山。から望む筑波山。
DSC_3456.jpg


・富士山も素晴らしい!
DSC_3460.jpg


・鹿野山を南に下ってもみじロード。はずっと氷点下でした(T_T)

・2登目は峰岡林道1号(愛宕山)。稜線を走って峰岡林道二号線のパラグライダー発射場。

DSC_3470.jpg

・風が弱くて飛べるか微妙なとこなんですって。僕等にはこの風の弱さに助けられたといっていい。


・下って鴨川。10時のこの時点で8℃くらいありました。やっぱり鴨川や南房総は暖かいんだねえ。

DSC_3475.jpg


・海!!

DSC_3481.jpg


海!海!!

DSC_3494.jpg



・には目もくれず三登目登ります。小湊から県民の森、そして麻綿原高原。

DSC_3496.jpg

・登っていくとこんな景色の連続。

DSC_3497.jpg


DSC_3498.jpg


DSC_3501.jpg


・ピークには「妙法生寺(通称あじさい寺)」があります。


・「パワータップは下の御堂の中」??

DSC_3510.jpg


・のぼると、

DSC_3511.jpg

こーんな180度パノラマ太平洋の絶景が!

DSC_3515.jpg


DSC_3514.jpg


・麻綿原から養老渓谷方面のへの下りは狭くてダスティで、少しスリリングで楽しいルートです。


・養老渓谷からは4登目、大福山(画像省略)。

・亀山湖に下って(一部ダートアリ)、亀山湖からは5登目、三石山(画像省略)。

・三石山から下って房総スカイラインで君津方面へ。

・そして本日のボスキャラ、6登目は鹿野山東面。
郵便局から九十九谷展望公園まで、約3.5kmで300mほど上がる。平均勾配にして8.5%ほどのなかなかな坂です。
サラ脚ならなんてことない距離&勾配なんだけれども、ここまで120km以上2600Upとか走ってきた最後の最後にくるから堪えるんですね(^^)


・しかし登り切ったらこんな絶景がご褒美として待っている。

DSC_3529.jpg


・明るいウチに帰れるかしら?とか心配したけれど、パンクが一回あっただけで怪我もトラブルもタレることもなく、全員無事完走。
終わってみれば15時半には君津スタート地点に戻ることが出来ました。めでたしめでたし♪

・さすがに今シーズンはもう山岳ツーリングは終了でしょう(←そう言い続けてもう3,4回開催したけれど^^;;)

なんだかんだいって今年もけっこう登ることが出来ました。付き合ってくださった皆さんありがとうございました。

来年もまた一緒に遊びましょう。

DSC_3530.jpg







・以下、ウェアリング備忘録。

君津スタートマイナス1℃、イチバン寒かったのがもみじロードあたりで最低がマイナス4℃。
長狭街道以南でやっと1℃、イチバン暖かかったのが鴨川~小湊あたりで10℃くらい。
養老渓谷から亀山湖、房総スカイラインはずっと5℃前後。君津ゴール15時半で3℃。

※気温は低かったけれど、常時ほぼ無風だったのが、あまり体感温度を下げずに助けられたポイント。

・アンダーアーマーヒートギアメタル(夏用長袖)+スポーツ腹巻き
・Aprico冬用長袖(PARENNTHINI:14CヘビーテクノLSジャージ)
・Aprico冬用ビブタイツ(PARENNTHINI:80C SUPER ROUBAIX アナトミックビブタイツ)
・Apricoウインドベスト(PARENNTHINI:C72T3Z WINDTEXベスト)
・Apricoウインドブレーカー(F2P製)※下りだけ着用
・ネックウォーマー(薄手)
・OGK冬用グローブKG-12W
・冬用シューズカバー
・ヘルメットカバーLAZERエアロシェル(←重要!)


以上でバッチリ!

・ウインドブレーカーは最初のWU、鹿野山登り始めまでと、鹿野山下り~もみじロード、最後の鹿野山下りからゴールまでしか着なかった。

・前回の奥多摩も氷点下スタートで寒かったけれど、ファイントラック(半袖)で全然寒くありませんでした。今回はほとんど汗をかかずに登ったからアンダーアーマー(夏用)で良かったけれど、汗かくならファイントラックのほうがいいかも?

・真冬でも、あまり汗をかかないようにのんびり登れば、この程度の装備で氷点下ギリギリまでならイケる。



«  | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。