Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0318VMインターバルDNF

・自宅三本ローラー90分(VMインターバルのみ負荷Ⅱ、他は負荷0)

Entire workout (182 watts):
Duration: 1:34:10
Work: 1027 kJ
TSS: 107.4 (intensity factor 0.829)
Norm Power: 207
VI: 1.14
Distance: 63.014 km
     Min Max Avg
Power: 0 330 182 watts
Cadence: 9 150 97 rpm
Speed: 7.2 53.4 40.8 kph
****************************
体重:58.2kg/8.3%
安静心拍:NA
FTP:250W/ATL111.3/CTL86.6/TSB-25.9
機材:C59 + 手組チューブラー/wPT + E-MOTION
****************************

・スケジュール的には回復走&回転練習の日、なんですが昨日マッタリグルメツーリングだったこともあって脚はある。補給も十分。なら久しぶりにVM領域のL5インターバルでもやるか!と。

・15分アップの後E-motionの負荷を最大にして5×5min×L5(ターゲットは5W/kg=29OW)セット間レストは2分でGo!

・結果、280W-290W-285W-299W、ときて5本目に入れずに挫折、DNF_| ̄|○

・TSBがマイナス26とかだけど、あんまり疲労感が無いしTSBがアテになるのってCTL120とかガッツリ乗ってる人だけだよね?なんて思ってたけど、案外自分じゃわからない部分で疲労感があるのかも。
もっとも最大の敵は「もうだめ~」って諦めちゃう自分自身なんですが。



・久しぶり(多分4ヶ月ぶり?)なVM領域なんですがやってみて思い出すのは、「やり慣れてる=楽」なわけじゃない、って事。調子がよくても走りこんでいても苦しいものはやっぱり苦しい。
きっといつになっても(どんなに強くなれても)耐乳酸閾値や最大有酸素摂取の領域が楽になるなんてことはない。その「苦しい」のに慣れてるかどうか?いわばアタマのネジが緩んでるかどうか?だと思うんですね。

それは一人でストレッチやってもなかなか伸びないものがマッサーの人にちょっと押してもらうだけで伸びるようになる現象とちょっと似ている。


・土曜日の房総練はつくづくそれを実感しました。「く、くるしー」って思うと諦めたくってしょうが無くなっちゃうんだよねー。振り返ってみれば「好調期」と「低迷期」との差にフィットネスが10%も20%も変化していたとは思わない。ほんの些細な差、それが「まだいける!」って思えるかどうか?自分を信じられているかどうか?その差だけだと思うんですね。



「“もう”だめ、じゃなくて“まだ”イケル!」

でしたよね^^

忘れないようにしたいと思います。




 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。