Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0305「NNCS」

・自宅~NNCS(登坂コース×10周回)~自宅、計101km

NNCS全体:
Duration: 48:25
Work: 613 kJ
TSS: 84 (intensity factor 1.02)
Norm Power: 255
VI: 1.21
Distance: 27.605 km
     Min Max Avg
Power: 0 622 211 watts
Cadence: 4 121 88 rpm
Speed: 0 50.9 34.3 kph

Entire workout (174 watts):
Duration: 3:20:11
Work: 2092 kJ
TSS: 219.4 (intensity factor 0.812)
Norm Power: 203
VI: 1.17
Distance: 100.915 km
     Min Max Avg
Power: 0 622 174 watts
Cadence: 4 121 83 rpm
Speed: 0 50.9 30.3 kph

****************************
体重:59.2kg/8.6%
安静心拍:NA
FTP:250W/ATL116.4/CTL80.1/TSB-23.1
機材:C59/w CINQO + BORA1+Veloflex Extream
****************************

・忙しい!って言ってるのに今夜もNNCへ。多忙だからこそ乗りたい!ってそういうとき、ありますよね?

・今夜は6名、遅れて1名で計7名でスタート。全部ショートコース(登坂ルート)で一周約2.7kmほどを10周します。3周目以降、登坂セクション約800mを先頭責任一本引き。

・登りっていったって高低差は5mほどでしかない。けれど入りが「ちょっと坂になってる」ってだけでみんなして犬のようにワンワンキャンキャン登って行っちゃうからすんごい速度になってしまうんですね。全周回の平均速度が(信号ストップが二回くらいあるけど)およそ35kph未満なのに対してこの登坂セクション800mの平均速度は遅い時で36kph、速いときは40kphにも及びます。

・たったの800mと思うけど時間にして1分20秒にも及ぶ。これはもがいていける時間ではない。入りで千切られそうになるくらい速い人がいるんだけど(^^)きっちり30秒足らずで落ちてくるんですね。するとトータルタイムはave.38kphにも満たない結果になったりする。


・コレ↓は典型的な入りが強すぎてタレてる例。(※後ろに付いている自分のデータなので、先頭責任の方のパワーデータではありません)

5.jpg

(黄:パワー 緑:ケイデンス 青:速度)


・登り初め、600W(!)近くまで踏んで急激に速度が上がってます。が、30秒後くらいにパワーが落ちてその後は脚を止めてる様子がわかる。結果は1分23秒。



・コレ↓はとってもお上手な方の例。(※後ろに付いている自分のデータなので、先頭責任の方のパワーデータではありません)

9.jpg

※15秒後当たりで出力が高いのは中切れして追いかけたため。

・およそ1分近く加速し続け(その後ツキイチの自分は追いついて脚を止めている)最後まで速度があまりタレていない事がわかる。結果、タイムは1分16秒。



・コッチは自分が先頭責任だったときのデータ。

4.jpg


・かくゆうワタクシも1分くらいでガクッとタレていることがわかります(^^ゞ

・そして前者と比べるとほぼ同じタイム同じ速度なのにツキイチならave.377W@66sec(完全ツキイチならもう少し低いはず)先頭で同じタイムだそうとすると454W@65sec。
実に20%以上も要求出力が高いことがわかります。
つまり、それくらい空気の壁は厚いんですね。

・集団の後ろに着いてると、ついつい「脚が余って」飛び出したくなっちゃう欲求に狩られる事がある。飛び出してはみたものの、ゴール地点が思いのほか遠くって、あれれれ~なんて事を誰でも経験した事があるはず。

でもこうして冷静に分析してみると、「1分は永遠に感じるほどに長い!」「集団を単独でぶっちぎるには30%以上のパワー差がないとムリ!」ということがわかります。


自分が最も輝ける「時間の長さ」を見極めるのが、きっと大切なんでしょうね。



 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。