Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0302筑波90km「市川坂5本締め」

・平沢駐車場~不動峠~(フルーツライン)~十三塚~(市川坂)~風返峠~湯袋峠~十三塚(×5周)~スカイライン~不動峠(×2)~平沢駐車場、計90km/3000mUP

Entire workout (180 watts):
Duration: 4:24:26
Work: 2845 kJ
TSS: 334.2 (intensity factor 0.872)
Norm Power: 218
VI: 1.22
Distance: 90.039 km
Elevation Gain: 3051 m
     Min Max Avg
Power: 0 454 180 watts
Cadence: 4 116 68 rpm
Speed: 0 61.2 20.4 kph
****************************
体重:59.7kg/9.2%
安静心拍:NA
FTP:250W/ATL99.9/CTL75.5/TSB+7.5
機材:C59/w CINQO + Reynolds32+SOYO CR h160
****************************

・北海道出張につき三日間乗れず。そうなるとやっぱりウズウズしちゃうものでして。

・そんな折、とある人から「フって体重がゼロになるような、そんなダンシングが一瞬できました!」ってお便りが。そうそう!そうなんです。その感覚を初めて味わった時の感動は今でも忘れないなあー。なんかね、竹馬に乗れた瞬間みたいな。

・ベダルを踏むんじゃなくって廻すんじゃなくって、カラダを自転車に預けて「風に乗る」ように、マシュマロのように弾力に富んだ空の雲を踏み歩くように、自分のリズムでワルツを踊るように。そんなイメージなんですよね。

・「速く走れるようになる」とかチカラを要する事は少しずつ少しずつ、本当に牛歩のペースでしか進歩しないけど、ダンシングとかチカラを使っちゃいけないこと、つまり脱力する事は、何らかのブレイクスルーがあるような気がするんです。ある日突然、フッて出来るようになる瞬間が。

・その感覚をどうしてもまた味わいたくって今日は敢えて激坂三昧。いわゆる市川坂を5本。最初から5本やるって決めていたから本当にゆっくりと。コースはこんな感じ。


およそ3kmで370mくらい登る。平均12%、キツイ部分は25%くらい。


・5本とも(登り3km部分は)だいたい19min@250Wくらいだった。もちろんダンシングオンリー(てか、自分の脚力だとシッティングで廻せる勾配ではありません!)。

・暴風の中(風返峠とはその名の通り!凄まじい風にひっくり返りそうになりました!)、ゆっくりとスカイラインを不動峠まで戻ってくだる。メーター見ると獲得標高差が2500m足らず。そうかー不動を二本やれば3000mになるなーキリがいいなー、ってわけで不動を二本。

・市川坂のせいでアタマのネジが緩んだようで^^不動峠くらいの勾配が平地に感じる(誇張表現含む)。14分@260Wくらい。

・最後にのんびりクールダウンで登って16分@230Wで締め。あーおもしろかった!

・たったの4時間余りでおなかいっぱい3000m登れるんだから、やっぱり筑波は最高ですね♪




 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。