Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0406SRMバッテリー交換

・自宅~流山橋往復40km

Entire workout (153 watts):
Duration: 1:27:04
Work: 799 kJ
TSS: 67.6 (intensity factor 0.683)
Norm Power: 167
VI: 1.09
Distance: 39.753 km
     Min Max Avg
Power: 0 455 153 watts
Cadence: 20 98 76 rpm
Speed: 0 40.4 27.4 kph
**********************************
体重:NA
安静心拍 : NA
機材:C50+手組チューブラー/wPT PRO+
***********************************

・SRMのバッテリーを早速交換しました。今日はそのテストライド件、スロープ調整の旅第一弾。
・結論から言うとPT比で1%程度の誤差。しかしチェンリングも交換しているし、気温も変化しやすい季節でいので、しばらく馴染みがでるまで何度か調査する必要があると思われます。
・(余談ながら)PM本体の測定誤差以前の問題として、ピークはPTの方は大きくなり平均ではSRMのほうが 大きくでる傾向があるように思います。これは有線のSRM(PC-V)も同じだったから間違いないかと。
・またPC-VIの特性とPTのヘッドで使っているEDGE800の傾向もけっこう違う。総じてPC-VIのほうが反応が早くかつ粘る。ので、加速減速時のデータを詳細に広い、結果として平均地は低くなります。
・結局のところ、実走でスロープ調整データを解析するのは無理?ローラーでインナー、アウターそれぞれについて加減速を含まないデータをとって、比較するのがベストな気がします。


以下備忘録。
・手配したバッテリーはtarmacさん情報のhttp://shop.yumetenpo.jp/goods/d/nexcell.co.jp/g/A04EF651625-2T/index.shtmlで手配しました。一個1500円くらい。(tarmacさんいつもお世話になります)
・ところがこの電池、電極にまったくハンダが乗らない。困った挙句調べたらこの手の電池はステンレス電極なんですねー。(長期に渡って使える電池なため腐食を嫌うから?)
・で、ステンレス用のはんだとフラックスを使いました。知らなかった~。勉強になりました!
・電池スペースは本当にぎりぎり。外装を剥がして、基板に触れる部分だけ残し、アンテナ部?に触れる部分は元からついていた絶縁シールを貼りました。(つまりはオリジナルのままにした、ということ)

・もしも、これをドイツに送ったらたぶん最低でも$300以上です。先人の方々の情報がなければ出来なかったでしょう。情報を発信してくださった皆さんに感謝。



 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。