Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローラーでパンク?

************************

4月7日(月)のワークアウト

自宅ローラー

Entire workout (全体)
Tim:1:01:30
TSS: 56.9 (IF0.745)
Pw :177W(nom.)/169W(ave.)
HR :168bpm(max.)/131bpm(ave.)
Cad:157rpm(max.)/106rpm(ave.)
Spd:73.6kph(max.)/51.1kph(ave.)


weight: 56.1kg

************************

朝練。まだ雨は降っていなかったけどローラーです。


本日のメニューはCD「CADENCE」1・2・3・4・5・6・4・5(の途中でパンク!)・5・6・6で都合1時間。
週末に比較的高負荷ができたので今日は強度よりも心拍重視。重いギアよりも高回転。そんなときは無負荷でローラー。相変わらずローラーラヴ♪なワタシです。




***

1曲目から3曲目まではウォーミングアップ重視。3曲で15分。
4曲目がミディアム5曲目がハード、この2曲で約10分。6曲目がレストで5分。これがインターバル1セットとしてこれを3セット。
結果1・2・3・4・5・6・4・5・6・4・5・6、
となるはずが、インターバル2回目の5曲目。テンポが150に上がるクライマックスシーンの手前で後ろから「バン!」と爆裂音!そのあとリム走りでゴロンゴロンゴロン。
え?パンク!?
ローラー台でパンクなんてはじめての経験なんですけど?

データをみると
ローラーでパンク

灰色になってる部分の直前。

・198w/117rpm/56.4kph、といったところ。別にもがいている(最高回転)シーンではない。
・兆候として、タイヤ一回転につき一回の割合でゴロンゴロンとしたバイブレーションが5秒くらいあった。
・パンクというよりはバースト?ビートが見事に外れていた。
・チューブは10cmくらい裂けた感じ。場所はタイヤ側じゃなくってリム側。位置はバルブと関係ないところ。
・直後のタイヤをさわったら別段熱いというほどでもなかった。ローラーも熱くない。
・走る前に空気を入れた。朝寝ぼけてたから9barくらい入れたかも?
・ホイールはR7。タイヤはCのG4KS。チューブはPのRA。
 チューブ以外は転がりデータが悪かった組み合わせ。
・ビートが外れたのが先か?チューブが裂けたのが先か?が最大の謎です。


なぜパンクしたか?という本題よりも、(偶然なのか)転がりデータが悪かった組み合わせで起きた事に興味を惹かれます。

あくまで仮定でしかありませんが、高速で回転するときになんらかの原因でバイブレーションを起こせば、それこそ最大の転がり抵抗になるであろうことは想像に難しくないから、です。

では何がバイブレーションを起こさせたか?

ゴロンゴロンと約5秒にも渡って感じた予兆、あれほどの振動はチューブで起こりえるだろうか?

うーん、、なんか先にビートが外れたような気がするんだけど?

だとするとビートが外れるほどタイヤを歪ませる要素とは、いったいなんだろう?



以下余談。
パンク後、まだ少しやり足りないからホイール交換して再スタート。
この時リヤホイールだけが決戦用"0”とVの“黒”の組み合わせ。データをみるまでもなく漕ぎが軽くなったのは言うまでもないが、ステアリングが非常にシビアになった。前輪だけ7+G4だったから?ちょっとハンドルを切るとすごく漕ぎが重くなる。
三本ローラーは前輪のとのバランスも案外大きいということを発見したのでした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。