Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1001携帯ツール考

・休養日

******************************
体重:58.0kg/7.4%
安静心拍 : 38bpm
ATL99/CTL107.2/TSB-5.7
******************************

「本日の携帯ツール考」
※今日は“鉄の会”(←旧車会から改名。会員のBikeが全然旧車じゃないのでw)会長のI氏への私信的記事です。


***

チューブラー車で、携帯工具を持ち歩くには以下のパターンが考えられます。
1.スペアチューブラー>サドル、工具>ツール缶でシートチューブ側のボトルケージ
2.スペアチューブラー>ボトルケージ、工具>サドルバッグ
3.スペアチューブラー>ジャージポケット、工具>ボトルケージorサドルバッグ

がしかし、夏場のダブルボトルが欲しい場合や輪行したい時にちょっと困ってしまいます。出来るならこの二本目のボトルのため、輪行バッグやカッパのためにシートチューブ側のボトルケージを空けておきたい。
そういう理由もあって、携帯ツールをなるべくコンパクトにしてジャージバッグポケットに納めています。

一般的なツール缶。
P1010132.jpg
便利だし悪くはないけど鉄車に似合いませんよね?過去2回ほど落とした経験もあってあまり好みではありません。貴重なボトルケージを占有するっていう意味でもイマイチ。

サドルバッグ。
P1010133.jpg
アタッチメント不要でベルクロ止め。最も軽量な部類ですがそれでも70g以上あります。ああ鉄の会会員に重さは関係ないですねw
コレもクリンチャー車なら悪くないんだけど、鉄車ならやっぱりチューブラーを綺麗に折りたたんでサドルに巻きつけたくないですか?


そこで上記の代替品、ポーチバッグ。
P1010135.jpg
120*80mmくらい?のもの。百均で売ってます。もちろん100円。



この袋に下記全ての工具類が収まります。


まずはマルチツール。
P1010141.jpg
お気に入りの逸品です。コンパクトなのにとにかく使いやすい。力もちゃんと入ります。

3,4,5,6mmアーレンキー各種、T25,T30トルクス、プラスマイナス、の各種ビットから5種類まで内臓可能。(自分のBikeに合わせて選択)
P1010143.jpg
また、薄手でアルミ製のタイヤレバーが使いやすくて、携帯じゃなくても普段から使ってるほどです。
唯一の欠点はビットが短くて、奥まったネジには届かない場合があること。スレッドステムのウスなど届かない場合があります。


チェーンカッター。
P1010140.jpg
ロングや山岳に入るときなどは何気に重要な工具だと思っています。パンクは最悪リム走りできますが、チェンが切れてればお手上げですから。
これはニップル廻し兼用。


小物類。
P1010145.jpg
マルチツールに入りきらなかったビット、6mmと8mmとT30トルクス。8mmはクランク、T30はチェンリング用。
そしてスペアのニップル、チェンのアンプルピン、KMCのミッシングリンク(コネクティングピン)。

チェンが切れた場合、チェン切りがあれば切れたコマを切るのは容易ですが、再接続が意外と手間取るもの。なのでコネクトにはミッシングリンクを使います。


なにかと便利なタイラップ。
P1010146.jpg

上記に併せて、チューブラーかクリンチャーかによって下記のどちらかを入れます。

チューブラーバージョン。
パンク修理材、バルブコア廻し、ミヤタのリムテープ2m巻(1本分)
P1010147.jpg

クリンチャーバージョン。
スペアチューブ、イージーパッチ、タイヤブート
P1010137.jpg


最後に携帯ポンプ。
P1010134.jpg
もっと軽量なのがありますが、ハンドルがT字になるこのテが断然使いやすいです。このポンプでも7キロまで入れられます(実績アリ)。


以上をパッケージすると

チューブラーバージョン
P1010150.jpg

クリンチャーバージョン
P1010149.jpg

どちらもすっぽりジャージポケットに収まります。
そしてスポーク(前輪用と後輪用の二本)をシートシューブにゴムひもで巻きつけています。
って、自分で組んだホイールに自信がないから(笑


***

余談ながら工具以外の装備。

P1010151.jpg
右上のちっちゃいボトルは「アルギン酸ナトリウム」粉末。止血剤。
他、キズパワーパッド(大)×3、キズパワーパッド(ジャンボ)×3、防水透湿フィルム(いずれも擦過傷対策)。
上記にポケットティッシュ、お金、キャッシュカードを加えて、P1010154.jpg

工具を併せて400g程度です。



以上、参考になりましたでしょうか。






コメント

いつもこんなに持ってるんですか~。
何かあったら安価白さんに連絡しよ。笑
遠くであればあるほど着てくれそうな気がします。(・ω・)

初めてコメします。

とっても面白かったです、普段、携行品なんてなかなかハカリで調べませんものね、、。

ヒャッキンのポーチバッグですが、私は赤色ステッチのそれを使用しています。みなさんあそこでは同じような物に目がいくんですかね~(笑)

そして◯ピークのインフレーター、ワタクシは丁字型以前でアルミタイプのモノを使っています。早速に計ってみると63gでした。でもシートチューブにアダプターで付けているのでプラスαですが、、。






bicirosaさん>

都内を走るときは、万一トラブったら迷わずタクシー輪行(笑)にするからこんな重装備はいらないかなー?
biciさんがピンチのときは呼んでください。どこからでも飛んでいきますよー!キモチだけ♪

ローラーに飽き飽きしてるリハビリ部の皆さん向けに、ローラーネタの記事を起こす予定です。楽しみにしていてね。

デーボさん>

ども♪
その後怪我の具合はどうですか?
NCCがないとお会いできなくて寂しいですねー。

携帯ツールを自転車に積載しないで、最低限をバックポケットに入れる、っていうのは我がteamAPEXの創設者の遺言なんです。
サドルバックなんてもっての外で、「ダンシングの振りが変わるだろーがー!」ってのが口癖でした。
理屈では工具なんて重量物は自転車に積むべきなんですが、この人の影響力が結構大きいのです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。