Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突撃ワタシの晩ごはん

************************
3月20日(木)のワークアウト

#Entire workout
Duration: 0:00:00
TSS:---.- (IF-.---)
Pw:---W(nom.)/---(ave.)
HR: ---bpm(ave.)


weight: --.-kg

************************


佐久出張中です。
寒いです。雪も降りました。
一部の方に誤解を受けているようなので釈明しますが、私は自転車が好きなのであってトレーニングが好きなわけではないから、今回のようにホテルの駐車場ですらローラーも乗れない環境の場合は当然運動無し、です。



***

例年であれば、春の訪れをともにダイエットシーズンがスタートする。
昨年は4月頃から「毎夕食豆腐とサラダだけ」なんてこともした。

がしかし「今年は食事制限を行わない」という野望を持っている。
大きな理由は二つ。一つはダイエットの失敗で体調を崩すことが多かったという反省。
そしてもう一つは「本能的欲求である食事でまでストレスを感じることがトータルで見たときに果たしてプラスか?」という疑問からである。
ストレスを受けるのはハードな(ほんとにシンドイL5インターバルとか)トレーニングからのみで十分であり受けたストレスは全てTSS(トレーニングストレススコア)に集約したいのである。


とはいえ、今日のように運動がまったくない日に好きに飲んだくれるのも考え物。
無理に我慢することはないが無理に過食することもない。
体重56kg40歳初老の私の基礎代謝は約1400kcal。生活代謝を含めてもざっと2300kcalといったところか。
100TSSほどの運動をすると概ね900kcalくらいの代謝を促すので、この場合3200kcalとなるから一食あたり1000kcal食べてもいいことになる。これならロースかつ定食1200kcalだって恐くない。
しかし運動無しの場合は一日2300kcal。1食あたりにして800kcalにも満たないカロリーで抑えねばならないのである。塩にぎりならたったの5個。

そんな状況下にあっても、やっぱり呑みたいモンは呑みたいので工夫する。
ニンゲンの限られた環境下で発揮される能力はときに素晴らしい知恵を育む。ってそんなくだらんものに使うな>俺。



***

さて今日は長年の研究の成果で得られた、とある晩ご飯のメニューをご紹介する。


主菜はずばり「ビーフジャーキー」。

ビーフジャーキー2


一瞬「え?」と思われる方がいらっしゃるかもしれないが、ぜひ手にとってその成分表を見ていただきたい。

ビーフジャーキー1

400円もするというのに251kcal。良質なたんぱく質を43gも含みながら脂質はたったの1.7g!
素晴らしい。ワンダホー。まさにアスリートのためのツマミである。塩分が多いのは見なかったことにしよう。
ここで一つ注意いただきたいのは「美味しいジャーキーはだめ」ということである。
私がいつも贔屓にしているのは某IT○ハム謹製のものであるが、お世辞にも美味しいとは言え○○。しかしこの美味しく○○のがいいんである。
試しに美味しいジャーキーと成分比較していただければわかるが、美味なものはたいてい脂質が5~10倍は含まれており、グラム単位でのカロリーは3割以上高いはず。つまりマズ○のがミソなのだ。
さらに。マ○いのはパサパサしていて、しっとりしてなくてないから良く噛まなければならない。
結果、満腹感も得られるし唾液の分泌を促すから消化もよくなるという、「咀嚼」のもたらす数々の効果も期待できる(かもしれない)。


今夜はリッチにこれを二袋。しめて502kcal。

主菜がジャーキーとくれば主役は赤ワイン。
イエローテール

今日は「黄色い尻尾」をチョイスした。安くてコンビニで買えるというのが主たる理由。
(これのシラーズ種はほんとに悪くないと思います)

これだけだと流石にバランスが悪い。ので呑んだ後に備えてリゾット。122kcal。
卵クッパ



カラダのことを考えて最後にIT○園の野菜ジュース。68kcal。
それからデザートにフルーツヨーグルト。108kcal。

締めて今夜の夕食は800kcalジャスト。
フッフッフ。我ながら完璧である。




なに?ワインのカロリー?

そんなの知りません。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。