Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10倍生きる

通常の10倍近い速さで老いていくという難病「プロジェリア」を患いながらも、その過酷な運命を懸命に生き抜いたアシュリーさんが、21日午前9時、母・ロリーさんにみとられて短い人生の幕を下ろした。(FNNニュースより)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00153634.html



***

「人生はどう生きるかなんだ。長さは重要じゃない」

  -ジョン・タケット(同じくプロジェリア患者でありアシュリー唯一無二の親友。享年16歳)


***

「アシュリーは11歳(当時)です。プロジェリアの生き方として充分に生きてこられたことに感謝しています。
これがアシュリーの人生です。アシュリーを産んで、本当によかった。プロジェリアであることを残念に思っていません。」

  -母・ロリー


***


-死について考えたことはある?

「あるわ。うん。覚悟はできている。」

-やり残した、と思うことは?

「うーん・・・ないわ。ただ、家族にどれだけ愛しているかってことだけは伝えたい。」


*

-もしも生まれ変わるとしたら?

「すごく難しい問題だけれど・・・きっともう一度、自分を選ぶと思うわ。」

-どうして?

「私が私であることが好きだから。」


  -アシュリー・ヘギ



***

彼女の肉体は10倍もの速さで老いたが、魂もまた10倍の密度をもって生きた。



コメント

今朝、テレビで拝見して涙が出ました・・・愛のチカラ。人生は愛なのですね。

AKKOさん>
コメントありがとうございます。同じくテレビで知りました。

番組中のこの三人の方の台詞はどーしても書き留めておかないといけないような気がして、blog記事にしてしまいました。
彼女の笑うシーンと一緒に、記憶に留めておきたい言葉です。

世の中

みんなが「やり残したコトなんてない」って言えるといいなぁ~
そんな充実したヒトばっかだと世界も今の100倍ステキかな。

JINさん>
そうだよね。難しいなあー。
生まれ変わっても自分でいたい、って思うのはもっと難しいけれど。
せめて密度の高い時間を創っていきたいもんです。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。