Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽のチカラ。

************************
3月14日(金)のワークアウト

自宅ローラー

#Entire workout(全体)
Duration: 1:00:58
TSS: 54.7 (IF0.734)
Pw:169W(nom.)/155W(ave.)
HR:180bpm(max..)/148bpm(ave.)

************************


いつもお世話になってる輪工房店長がこんな面白いCDをプロデュースしました。

CADENCE_1.jpg

制作はCHEMISIRYのサポート・アレンジも手がけ、スタジオジプリ「平成狸合戦ぽんぽこ」の音楽も担当した後藤まさる氏。


以下HPからの転用。
http://www.japanmtb.com/cadence/index.html
--------------------------------------------------------

自転車のペダルを回す事ってのはリズムが大事。そのペースも大切。

ローラー台のトレーニングは特にです。

今までは、お気に入りの曲を何となくBGMにしてたけど、リズムが合わなくて、結局音楽は聴いてない~って事、ありませんでしたか?

そんなわけで、気持ちよくペダルを回せて練習出来る音楽を、後藤まさるさんに作ってもらいました!!

音楽とペダルのケイデンスが、ぴったり一致した時の気持ちよさを体感してくださいなぁ~!!

個性溢れる音楽で、退屈なローラー台も楽しくなるよ♪


--------------------------------------------------------
一世を風靡した「ビリー~」に限らず、エアロビとかスピニングとか音楽とリズムを上手く使って、カラダを自然に動かさせているケースがたくさんあります。マーチングもある意味同じ。
このCDはそこらへんの仕組みをうまく活用して、カラダの動きが鈍いときのウォーミングアップと普段できなかったハイケイデンスを、いともカンタンに実現してしまう。



***

僕は「回転力とは筋力ではない」と考えます。

うまくいえないけれど、神経の力、というか神経の伝達速度、というか。。

理科の解剖実験で、カエルの脚に電気流してビクンビクンさせてたのと同じような?(違うかしら?)

脚を能動的に動かそうと思うと、どうしてもその速度が実現できない。
でも外からの刺激で受動的に動くとき、ヒトは自分でも思いもよらぬ速度で動けるものなんじゃないか?と想像するわけです。
その刺激こそが、音楽。


朝、起き抜けのカラダでローラーに乗ると90回転さえ廻せない。
レース前、緊張のためなのかアップで100回転も重い。
そんなときにカラダに刺激を与えココロにリラックスを与えてくれるのが、音楽。


***

CDは、

1. WARM UP SAMBA (CADENCE 91)  
2. マワシテBABY (CADENCE 100)  
3. 食べていいじゃん (CADENCE 105)  
4. アマラエメラヨ (CADENCE 110)  
5. アッチェレしまっせ (CADENCE 120~150~180)  
6. ひとやすみ (CADENCE 90)

こんな曲順で進みます。
朝起き抜けで乗り出しても30分でアップが終わるように計算されいます。



さて、今回注目したいのは5曲目。ケイデンスが120~150~180、となってる。

約4分間がテンポ120、次にテンポ150が約30秒あって最後にテンポ180が10秒足らず。

ケイデンス180?

たとえ10秒でもそんな高回転果たしてできるのか?


というわけで早速実験しました。
「音楽アリ」と「音楽ナシ」を比較してみよう、と。



<実験方法>

・CD1曲目~4曲目を聞きながら20分間ウォーミングアップ。

・CD5曲目、出来なくても一度180までチャレンジ。心拍を95%まで入れる。

・CD最後の6曲目を聞きながらクールダウン&レスト約5分。

・CDを停めて曲ナシでメーター見ながら120→150→180回転に挑戦。
  4分間120回転
 30秒間150回転
 10秒間180回転

・もう一度CD6曲目を聞きながらレスト5分。

・CD5曲目を聞きながら、上記120→150→180回転に挑戦。
 但し“メーターはテープで隠して見ない”(←これがミソ)

・CD6曲目を聞きながらクールダウンして終了。





<結果>

#1(音楽ナシ)
Duration: 0:04:30
   min/max/ave
Pow:135/444/182W
HR :144/177/153bpm
Cad:116/174/125rpm
Spd:51.8/84.6/56.4kph
曲無し


#2(音楽アリ)
Duration: 0:04:30
   min/max/ave
Pow:140/523/196W
HR :152/179/162bpm
Cad:115/178/125rpm
Spd:55.0/91.4/60.1kph
曲有り


※備考
 赤ライン:心拍
 黄ライン:出力
 緑ライン:回転数
 青ライン:速度



<考察>

・音楽ナシではMAXケイデンス174であった
・音楽アリではMAXケイデンス178であった
・音楽アリはナシに対して、平均出力が約7%向上した
・音楽アリはナシに対して、平均心拍が約5%上昇した
・音楽アリはナシに対して、平均速度が約7%向上した
・音楽アリはメーターを見ていないにも関わらず、ほぼ同じペーシングが実現できた


・特に注目すべきは下記に示すラスト40秒間のデータ。

#1(音楽ナシ)
曲無しラスト40秒

#2(音楽アリ)
曲有りラスト40秒


「音楽ナシ」ではケイデンス150の時点ですでに不安定であり、かつ174回転以上廻せていないことがわかる。またパワーの出方も不安定。
対して「音楽アリ」は150回転への移行も速く安定したグラフとなっており、180回転領域へも(結果として達していないが)スムーズに移行しているのがわかる。


※注記※
「音楽アリ」の150回転領域真ん中で出力がチョコンと上がって速度が上がってるのは、ついシフトアップしてしまったため。
そして「音楽アリ」が「ナシ」に対して全体を通して速度及び出力が7%向上しているのは、そもそものギアが一段重かったため。

これはすなわち「音楽ナシ」と同じギアなのに「音楽アリ」は“軽い”と感じた、ということです。


***


これが、音楽のチカラ。


一定のリズムは、全ての力に勝る。
それはエコランや車の燃費やヒルクライムのペーシングでも実証済みなことです。




コメント

45分間

CD、雑誌にも載っていましたね。

私は、時々カセットを聴きながらやりますよ。
片面45分。
だからローラー台は私の場合は45分間で終了。
CDでエンドレスだと(汗)

カ、カセットですか(汗

ピレネーさん、
こんどサンプルもって行きます。
ぜひ一度試してみてください。いままで「150なんてムリ~」って言ってた人がいともカンタンに廻せてしまうシーンは痛快なほどです。騙されたと思って(笑)ぜひ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。