Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら体脂肪計

************************
3月5日(水)のワークアウト

自宅~三郷往復31km

#1
Duration: 31:35
TSS: 46.8 (IF0.943)
Pw:207W(nom.)/201W(ave.)
HR:131bpm(ave.)

#2
Duration: 22:20
TSS: 32.3 (IF0.932)
Pw:205W(nom.)/194W(ave.)
HR:138bpm(ave.)

#Entire workout;
Duration: 1:01:45
TSS: 87.2 (IF0.92)
Pw:203W(nom.)/192W(ave.)
HR:132bpm(ave.)


weight: 56.6kg


************************

体重の変動が激しい。

日々のオツウジが安定しない自分なので計るタイミングによって1kg、時には1.5kgも変化する。
(1kgという精度は全体重(ex..56kg)の2%未満でしかなくって、家庭用計器のスペックからしたら責められない範囲?)
分母たる体重からしてそうなんだから体脂肪計ってどうなのよ?という疑念は昔からもっていました。


一昨日は久々に57kg代を記録。
「あちゃ~こりゃまずい!」とは思わず「体脂肪率が低いんだからいいんじゃん?」って思ってしまう自分がいてコッチのほうがよっぽどまずい。


欲しいのは体脂肪の低さじゃなくってパワーウェイトレシオの高さです。
脂肪があろうとなかろうと同じ体重ならパワーが出るほうがいい。同じパワーなら軽いほうがいい。

どうせ悩むなら体脂肪率下げるよりもパワーウエイトレシオ上げる方で悩みたい。
ベジタブルで体脂肪は落とせるだろうけど、パワーが出るなら肉を食べたい。
努力して体重落としてパワーも落ちたらなんの意味もないです。


だからライフスタイルを惑わせる体脂肪計とはこの際、きっぱりお別れを告げようと。

「乱高下ばかりする体脂肪計はアテにならない」と体重変動評論家の野州さんも言っていたしね。

体脂肪計


さよなら体脂肪計。
今日からはただの体重計としてお勤めに励んでください。

いままで一喜一憂させてくれてありがとう。
たとえこれまでの数値がデタラメだったとしても恨み言はいいません。
確かにモチベーションの種にはなっていたのだから。





***

2月のパワーウェイトレシオ実績が4.1W/kg/1h。

乗鞍を69分で駆け上がるには4.36W/kg/69minが必要。

つまり現状比7%以上の向上が必要、ということ。

体重が現状維持なら12W向上させなきゃならず、出力が現状維持なら3kg絞らなきゃいけない。

たった“3分”短縮のために。


あと3kg絞る、というのは言わずと知れた別世界。
トレーニングを楽しむという趣旨からは外れてしまう。
(Mっ気を満喫するにはいいけど。)

出力12Wといえばトイレの電球ひとつ灯せない数値。でもこのエネルギーを搾り出すのにどれほどの労力がいるのか、というのは最近骨身に沁みて感じます。

多分、ワンシーズンで5%向上できればいいところなのかな・・。





そんなことも重々承知の上で、今日も懲りずにワークアウト。
それは単純に走るのが好きだからですね♪


コメント

出力かー

おれ様も、シクロクロスで一周30秒速くしようと思ったら、やぱ、そんなけ出力上げなアカンのやろなぁ。

出力だー

速度(タイム)とパワーウェイトレシオは、上の世界に行くほど比例しなくなるんだよね。
例えばC2で一周10分だったとするでしょ?そこからマイナス30secするにはタイムで5%向上。でも出力換算なら多分7%以上向上する必要がある、ってことですね。
もっともライディングスキルの要素が大きいMTBやシクロは出力ばっかりじゃないけれど。

出世すればするほど立ちはだかる壁は厚く、大きくなるのだ。
お互いがんばろうぜ巨匠!ムフ~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。