Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

101ACチャレンジ&シロモトさんインプレ

自宅固定ローラー80分

L6#1:(FTP178%)
Duration: 0:30
Min Max Avg
Power: 391 459 433 watts
Heart Rate: 124 160 145 bpm
Cadence: 88 104 99 rpm
Speed: 49 59.6 56.4 kph

L6#2:(FTP142%)
Duration: 1:00
Min Max Avg
Power: 323 364 346 watts
Heart Rate: 132 166 152 bpm
Cadence: 80 93 88 rpm
Speed: 46.2 55.2 51.0 kph

L6#3:(FTP148%)
Duration: 1:00
Min Max Avg
Power: 283 379 361 watts
Heart Rate: 130 166 151 bpm
Cadence: 79 94 91 rpm
Speed: 48.4 54.6 52.0 kph

L6#4:(FTP127%)
Duration: 1:00
Min Max Avg
Power: 106 345 308 watts
Heart Rate: 124 162 148 bpm
Cadence: 61 89 81 rpm
Speed: 24.2 52.6 46.2 kph

L6#5:(FTP135%)
Duration: 1:00
Min Max Avg
Power: 258 361 328 watts
Heart Rate: 135 165 154 bpm
Cadence: 79 89 83 rpm
Speed: 44.8 50.6 48.0 kph

L6#6:(FTP149%)
Duration: 1:00
Min Max Avg
Power: 318 374 361 watts
Heart Rate: 143 172 160 bpm
Cadence: 80 90 87 rpm
Speed: 47 53 49.6 kph

Entire workout (158 watts):
Duration: 1:20:15 (1:24:30)
Work: 761 kJ
TSS: 91.3 (intensity factor 0.826)
Norm Power: 201
VI: 1.27
Distance: 51.645 km
Min Max Avg
Power: 0 459 158 watts
Heart Rate: 62 174 121 bpm
Cadence: 47 104 89 rpm
Speed: 7 59.6 38.6 kph

************************************

昨日書いたとおり今朝はL6をガツンとー・・・いや、カツンとやりました。

L6=Anaerobic Capacity=無酸素作業領域?

いままで避けてきた領域。
“伸びないなら叩いていないところを叩いてみる。”
という某先生の教えもあるので、今まで叩いてこなかったこの領域に挑戦してみる。

ところがやり方がわかりません。
L5の延長線上にあるものだとばっかり思っていたので、インターバルの時間を短くすればいいのだろうくらいに思ってました。のでワークアウトとしては実は大失敗。

(教科書を参考にしながら)8本×1分FTP145%レスト3分を試みる。

1本目(178%)上げすぎて失敗(30秒で頓挫)
2本目(142%)まあまあ
3本目(148%)まあまあ
4本目(127%)大タレ
(レストを5分に伸ばす)
5本目(135%)回復せず
(さらにレストを7分に伸ばす)
6本目(149%)まあまあ
(でもこれ以上ムリ!)

ー終了ー

とてもともて8本×145%なんてできる気がしねー


その後、グッドタイミングでさいとーさんからL5/L6に関するフォローを頂きました。
さいとーさんありがとう!もう少しやり方を考えながら再チャレンジしてみます。

************************************

(以下限りなくtarmacさんとGlobalcyclesさんへの私信)
大変遅くなりましたがNewシロモトさんの私的インプレです。
リアホイール用のセンサーキットがはるばるドイツから届いたのでようやくシロモトさんに乗り始めました。
三本ローラーを愛してやまない自分がいまさら固定ローラー?となったのは、
・これからの季節L5、L6をやるにはやっぱり高負荷が出来る固定がいい
・シロモトさんは固定ローラーのシンドさがずいぶんないらしい
という理由によります。

現在愛用しているミノウラの三本ローラーも負荷ユニットがつくのである程度の負荷錬は出来ますが、できてもせいぜいL5くらいまで。アウタートップでも300Wで廻しきってしまう。
そして負荷を最大にするとレスト出来ないのが辛い。
(負荷最大でインナーローは三本ローラー上で自立してるのが辛い速度になります)


***

まずは外観から。

新型負荷ユニット。
CA3A0115_20081001145832.jpg

あまりに静かで驚きました。といっても他の固定ローラーを知りませんが。
例えば同じ負荷200Wで比べた場合、アクションローラー負荷ユニット付きより圧倒的に静かです。

フライホイール。
CA3A0114_20081001145824.jpg

実測で直径100mm厚さ26mm、といったところ。(アルミ無垢なら約2kgという計算になりますが)

マグネット部。
CA3A0116.jpg

シロモト専売特許のユラユラできる脚。
CA3A0117_20081001145900.jpg

このユラユラ感が絶妙。ダンシングも下ハンもがきも安心してできます。
これがシロモトさんイチバンの魅了に思う部分。


負荷リモコン。
CA3A0118_20081001145915.jpg

小物ですが良く出来ていて関心します。5段階調節。

*****

今日の負荷特性テスト結果。

・ホイール:Racing7
・タイヤ:ヴェロフレックスブラック23C
・チューブ:パナR-Aiir

1.負荷特性テスト1
負荷ユニット最弱固定、ケイデンス90(なるべく)一定。
34T-23Tから50T-11Tまで1分ごとにシフトアップしていったもの。
081001シロモト特性1

負荷最弱34-23T/90rpm 40W/18kph ->>> 負荷最弱50-11T/90rpm 215W/50kph


2.負荷特性テスト2
アウタートップ(50T-11T)固定、ケイデンス80(なるべく)一定
負荷ユニットを最弱から最大まで1分ごとに上げていったもの。
081001シロモト特性2

負荷最弱50-11T/80rpm 185W/47kph ->>> 負荷最大50-11T/80rpm 275W/46kph


****

まだ使い始めなのでさわりしかわかりませんが概ね好印象。特に静寂性と実走感、もがいても大丈夫なあのユラユラ感に満足しています。



あ、本体にオマケで付いてくるという、シロモトさん(コテコテ関西人らしい)の喋くりを聞かなくっちゃだわ。


コメント

わかりやすいインプレだ

今度是非パワマジも試乗して比較願います
シロモトのウェットスーツは持ってますがw
関係ないですね

安価白さんこんばんは。

シロモトさん概ね良さそうですね。自分もオフシーズンのLTワークに是非とも欲しくなりました。最強負荷の90rpmで300W出そうですし、藻掻けばそれなりにアナエロビックワークも出来そうですね。

2,3確認ですが、フライホイールによる実走感はいかがですか?負荷ごとに結構変わったりしますか?実走と比較してどんなモンでしょうか。
熱ダレもpower-speedでプロットたてないと比較は難しいですが、グラフを見ると概ね良さそうですね。スピードの割に微妙に軽いとかあったでしょうか?その辺り感覚でよいので御教示たまわりたく。

潮さん>

どもども。
シロモトさんはやっぱり鉄人さん系で有名なんですね。
パワマジ、どこで聞いても評判いいですよね。
ただ、SRMがつけられないのでインプレは無理ですw

Globalcyclesさん>

(当たり前ですけど)主観の追記です。

・熱ダレについて
負荷テストはアップを兼ねてやったものなのでコールドスタート状態です。対してL6#6あたりは1時間後くらいにも関わらず360W/50kphの負荷なので優秀なんじゃないでしょうか。
フルード式を持っている友人は30分くらいでかなり軽くなってくると言っていましたが、そういう傾向はありませんでした。
また、ワークアウト後、Bikeをおろすときに負荷ユニットやタイヤを触りましたが、さほど熱くなっていませんでした。

・最大負荷について
ご存知のとおりタイヤ、ホイール、空気圧によってかなり変わってくるとは思うのですが、僕のレベルならせいぜい400Wどまりなので、L6まで問題なしです。
が、L6#1でわかるとおり430Wで50-11T/100rpmとなってしまいますから、Globalcyclesさんのようにスプリント脚がある方が本気でもがくならちょっと物足りないのかも?という気はします。

・実走感について(ホントに主観ですけど)
ノリクラに持ち込んだとき友人に貸しましたが、その友人も絶賛してました。
特に負荷最弱180w/90rpm/40kphで流してるときの感覚はやや向かい風くらいの実走感に近くて気に入りました。
50kphから脚を止めると負荷最弱で5秒以上、負荷最大でも3秒近くフリーランします。これって固定ローラーならかなりのものですよね。
それと、脚のユラユラが実走感と無縁ではないと思います。
リアハブやフレームのリアエンドを気にせずもがけるのはこのユラユラ機構のおかげかと。

以上お役に立てれば幸いです。


ピュアロードレーサーのGlobalcyclesさんにはL6の取り組み方、さらにいうとロードレースの走り方をご教授願いです(^_^;)




旧型の青いシロモト(負荷調整なし)+3倍増設マグネットのユーザです。34-26T 60rpmで50~60W、50-16T 80rpmで400W位でした。負荷調整なしでこの負荷変動幅です。

比較すると新型(ノーマル状態)は回転数に対する負荷上昇がかなり緩やかですね。マグネット増設さえ可能なら低回転高パワーのワークアウトも可能になりますが、見た感じで増設できそうな感じでしょうか?

旧型は負荷装置がかなり発熱し、このため耐久性に問題があるので、よさげなら買い替えようかと思いました次第です。

tarmacさん>

マグネット3倍増量さすが(笑)

負荷変動幅に関してはご指摘のとおりかなり緩やか且つリニアだと感じます。
ただしこのままだと低回転を想定した負荷にはならないですよね。50-11T/100rpmでようやく400W越えですから50-11T/70rpmならせいぜい240Wぐらいです。HC本番のケイデンスを考えると物足りないような?
マグネット増量はユニットを覗き見する範囲ではちょっと判断が難しいです。すみません。
でもそんなオーダーに応じてくれそうなところもシロモトさんの魅力ですねー。

やっぱりシロモトさん購入に踏み切ってよかったと思ってます。事前情報などに感謝です。

ユラユラ

おおっ!これが「ユラユラできる脚」ですか!!
機会があれば試乗してみたいものです。

・・・ってノリクラに持ってきてたんですか?(←コメント読んで気付きました)
あちゃー、絶好の機会を逃しちゃったんですね、ワタシ(泣)

まるさん>

そうそう!これがウワサのシロモトさんです。
“例の”改造ローラーを愛用してるまるさんならきっと気に入りますよ!今のが壊れたら検討を。

でもまるさんには負荷足りないかな~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。