Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の言い訳

************************

2月28日(木)のワークアウト

自宅~三郷往復31km

SRM #1(往路)
Tim:0:30:10
Pw:226W(nom.)
HR:143bpm(ave.)
Cad:82rpm(ave.)
Spd:27.8km/h(ave.)

SRM #2(復路)
Tim:0:25:05
Pw:215W(nom.)
HR:149bpm(ave.)
Cad:90rpm(ave.)
Spd:32.7km/h(ave.)

Entire workout (全体)
Dist:31km
Tim:1:03:20
Pw:217W(nom.)/203W(ave.)
HR:143bpm(ave.)
Cad:84rpm(ave.)
Spd:29.2km/h(ave.)
TSS: 102.3 (IF0.985)


weight: 56.3kg/ 8.4%

************************


風はずいぶん収まってきた?
いつものように向い風(北風)スタートするも、帰路も向い風?
南西の風に変ってきたような気が・・。


***

二日連続のTSS100、しかも昨日はIF0.98。
見る人が見れば大した数値じゃないけれども自分としては「やれば出来るじゃん」ってカンジです。

がしかし。
TSS100&IF1が一時間での限界強度(解釈が間違ってるかもしれないけれど)
とするなら、平均心拍143bpmはちょっと低すぎるような?


昨年乗鞍での72分間平均心拍が165bpm(最大心拍の90%)
筑波8耐1スティント30分あたりの平均心拍が167bpm(同91%)

本番特有(興奮状態)の心拍上昇分を10bpmくらい見積もって差っぴいても、コンスタントに157bpm/30minくらいは刻める計算。
そこでこの一ヶ月の20分TTデータを検証すると、最大230W/152bpm(24日、超向い風)、普段でも226W/147bpmとなる。
心拍ベースで考えればもっと追い込めるはずということ?

もっと追い込んで240W20分走とかできるはず、なんだけど・・・でもどうやって?

やっぱり最後は根性なんでしょうか。





***

練習で使っているのは先日(2/26)のテストでもっとも成績の悪かったホイールAとタイヤaの組合せです。
転がりが重かろうと軽かろうと出せるパワーにさしたる違いはないから、練習なら「そんなのかんけーねー」。

抜群の成績だったタイヤbだけど賞味期限切れの様相を呈していて普段使うにはリスキー。
1年で3回もパンクしたし、なによりもウエット走行が怖いです。

タイヤaに関しては正直、ここまで転がり抵抗が大きいとは思っていなかったけれど路面が平滑ならホントに軽く感じるし、ウエットでもグリップが安定しているし、減りは少ないし、パンクしない(気がする)し、一定速で走るTTやヒルクライムレースには決してオススメできないけれど、公道主体なら悪くないんじゃないかなー?

・・とはこのタイヤ“a”を推薦して購入させてしまった方々への言い訳です。ゴメンなさい。許してください。



まあこういうこともありますから僕のウンチクは話半分で。以後よろしくお願いいたします。





***


敬愛するtarmacさんの薦めもあって新しい教科書を入手しました。

中長距離ランナーの



やっぱり日本語はホっとするよw




※コレはあくまで「レファレンス代わりに」。

 ソッチの世界にはいけませんから~>toはなこさ~ん



コメント

ソッチ?コッチ?

あ、とうとうこの本にまで行き着いちゃったのね。
最近トレーニングに行き詰ってるので、私も久々にちゃんと読んでみようかと思ってたところでした。

まあ、行き着くリファレンスが同じってことは、ソッチもコッチも所詮同じ穴ってことでしょう~♪

わははw

はなこさ~ん>やっぱり?

トレに行き詰まりを感じたらオモチャに手を出してモチベーションアップっすよ!
そこでワタクシの監視官“TrainingPeaksWKO+"先生をプッシュします。データはPM無くてもポラールやガーミンGPSでOK。
RUNだけならパワーデータの代わりにペース(GPSデータ)、トライアスロンなら心拍をベースにするみたいです。
http://www.cyclingpeakssoftware.com/wko/
アスリート三人まで管理できて99$。

キロ何分という“ペース”の概念があるRUNのほうがよっぽどパワーベーストレーニングに向いているのかもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。