Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0615守谷関宿周回140km「kk先輩の自転車ミュージアム番外編」

・自宅~玉葉橋~運河~守谷(ハンス・ホールベック)~芽吹橋~関宿城~自宅、計140km

 

Entire workout (161 watts):
    Duration:      4:44:39 (6:16:26)
    Work:          2754 kJ
    TSS:           244.4 (intensity factor 0.725)
    Norm Power:    181
    VI:            1.12
    Pw:HR:          n/a
    Pa:HR:          n/a
    Distance:      139.3 km
    Elevation Gain:        179 m
    Elevation Loss:       172 m
    Grade:         0.0 %  (5 m)
        Min    Max    Avg
    Power:           0    478    161     watts
    Cadence:         5    104    74     rpm
    Speed:           5.7    51.4    29.4     kph

****************************
体重:NA
安静心拍:NA
FTP:250W/ATL92.1/CTL98.7/TSB+28.5
機材:C59/w CINQO/w RIDEA + BORA1+Veloflex Arenberg
****************************

 

・件の症状がまたまた悪化。水曜日あたりから酷くなってきて金曜日当たりがピーク。あちこち痒いのも応えるんですが、とにかくカラダが重い(リアルに体重も重い)。全身のむくみからか、手足はボンレスハムのよう。レーパンの裾や靴下のゴムが食い込んでまるで赤ちゃんの手足のよう。クスリを止めたのがよくなかったのか?それともそのクスリの後遺症なのか。

 

・でも明日16日は、今年前半のターゲットレース富士山国際ヒルクライム(通称あざみ)。ちょっとでも脚動かしておかないと!って思い立って朝遅くに軽くサイクリングに出かけました。

 

・で、家を出てエドサイインするそのタイミングでTクン&ねみちゃんと遭遇。すごい偶然!まるで待ち合わせたみたいじゃない?

 

・どうせこの時間帯のエドサイは人が多くて危ないから20kph程度しか出せません。Tクンねみちゃんとおしゃべりしながら「少し一緒に走ろうよ」と。

「この先の◯◯◯病院のあたりまで。そうそう!その目の前がKK先輩んちなんだよ~。」

なーんてお話してましたら噂をすれば影。見慣れた綺麗なペダリングのKK先輩登場。「今日は何処までですか?」「じゃあご一緒に」ってんで4人列車でGo!

 

・なんだかんだと皆んな毎週のよに走るようになっちゃいましたねー。流山橋まで、25kmくらいはあると思うんだけどあっという間。Tクンも100kmコースなんてあっという間なんでしょう。その安心を見届けた上でkk先輩と二人離脱。そのまま北上して守谷周回(野田APEXコース)へ。

 

・どうかなー?って思って軽くサイクリングに出たもののやっぱりダメっぽい。脚もカラダも何もかも重くて(T_T)

せめてお天気がいいなら、皆んなに逢いにだけでもいくんだけどなあー。明日の雨は確実みたいだからDNS決定。(関係各位ドーモサーセン(^^;)

 

・KK先輩と相談して珍しくランチなど。今日はハンス・ホールベック

SN3S1071

※ノンアルコールですからね。念の為!>to SWの一部の皆さんへ

 

 

・その後、芽吹橋から利根サイを関宿城まで北上してコーラ休憩、の後向かい風クライムなエドサイをひたすら南下。あっという間に帰宅しました。

二人だとキモチが切れないからいいですよね。

KK先輩ありがとうございました!

Tクンねみちゃんまた一緒に走りましょう♪

 

 

・帰宅後、速攻で明日の準備を「解き」ました(^^;

Reynokds32はもう使わないだろうから13-29Tなんてコグも外してしまい込む。

一抹の寂しさは募るけれど、まあ来年も(多分)あざみはあるだろうしね!

 

 

 

***

 

以前、Apricoで飾らせて頂いていて大好評だったkk先輩の自転車ミュージアム番外編です。

 

↓過去の記事↓

*kkさんの自転車ミュージアム(第一弾)*

*kkさんの自転車ミュージアム(第二弾)*

*kkさんの自転車ミュージアム(第三弾)*

*kkさんの自転車ミュージアム(第四弾)*

*kkさんの自転車ミュージアム(第五弾)*

 

 

今日乗っておられたのは(多分1994年?95年頃?)の

DEROSA“元祖”「PRIMATO」。

 

SN3S1073

 

SN3S1075

 

塗装も凝ってます。

 

SN3S1076

 

COLUMBUSのパイプのシールが誇らしげ。

ちなみにこの時代、初代PRIMATO(95年頃)以前はDEROSAにモデル名はなく、このパイプの名前(SLやSLX、MAXなど)がモデル名でした。

「DEROSA SLX」とか「DEROSA MAX」とか「DEROSA TITANIO」とか。

(更に余談。kk先輩は上記3モデルも全部持っていたりします^^;)

 

SN3S1077

当時はバラのマークがあったんですねー。

 

 

kk先輩の特徴は(ほぼ)全ての自転車が乗れる状態にある、そしてその自転車にとってイチバン似合う(もちろん当時の!)パーツで固められている、ということです。

 

コンポはもちろんCampy。

Record8Speed。

 

SN3S1078

 

SN3S1079

 

この時代、カーボンなんて欠片もないけど、綺麗ですよねえ(うっとり)

 

シートポストは同じくCampyのエアロタイプ。

でサドルはターボ。もちろんオリジナルです。

 

SN3S1083

 

 

リムはこれまた名作、MAVICのGP4。(旧型ロゴがまた泣かせる)

SN3S1080

 

 

ハブがまた美しい。

SN3S1081

 

SN3S1082

 

この輝きをオカズにご飯三杯喰える!と思うのは僕だけでしょうか。

 

 

 

***

コチラは僕の今日の相棒「COLNAGO C59」。

 

SN3S1074

 

(更に更に余談。kk先輩はコレも(しかも二台もw)も持っていたりする)

 

・今年久しぶりにのったIDOLもやっぱりいいなあとかでもCOLNAGOなんだよなあとか、二台の間を行ったり来たりしているけれど、どっちも乗ると「やっぱりイイ!」って思えるからしょうがないんですよね。元カノと現カノとの間でふらふらしてる浮気者みたいだけど^^;

 

・ところがKK先輩ほどの「大奥」をお抱えになる「殿」になると、浮気って言わないから不思議。むしろアッパレ感が漂い軽蔑はおろか皆から尊敬の眼差しで観られてしまうもの。やっぱり器が違うのか?

 

・たった280円の牛丼でも食い逃げしたら捕まりますが、数百億数千億の負債なら踏み倒しても捕まらないのが現代社会ですからねー。
何事もやるならでっかいスケールでやらないとね(←違)。

 

 

 

 

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。