Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2014-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20141214Aprico山岳ツーリング『房総Six』

・房総ツーリング143km(登り返し等含む)

Entire workout (144 watts):
Duration: 6:34:43 (9:18:02)
Work: 3385 kJ
TSS: 355.2 (intensity factor 0.758)
Norm Power: 182
VI: 1.26
Distance: 143.273 km
Elevation Gain: 3006 m
Min Max Avg
Power: 0 449 144 watts
Cadence: 2 157 65 rpm
Speed: 0 67.6 21.8 kph
****************************
体重:NA
安静心拍:NA
FTP:240W/ATL111.7/CTL69.6/TSB-8.5
機材:IDOL ELSA/wRIDEA BORA1+Arenberg
****************************

・「房総の山を全部(鹿野山、愛宕山、清澄山、大福山、三石山、おかわりで鹿野山)全部登ろう!」という毎度おなじみなAprico山岳ツーリング。なんともう4回目(!)の開催。

・コースは、君津~鹿野山~もみじロード~横根峠~白石峠~二ツ山・愛宕山~嶺岡林道2号線~鴨川~安房小湊~県民の森~麻綿原~養老渓谷~大福山~亀山湖~三石山~房総スカイライン~鹿野山~君津

約138km/3000mUP。

・県道81号(通称「清澄養老ライン」)は来年3月いっぱいまで通行止めなので、黒潮ラインで小湊までいき、県民の森を登って麻綿原経由で養老渓谷にいく迂回ルートを通ります。


・一度目は5月。二回目は7月。 「フミーマルティン」と「ユキヤB級弟」というザンネンなアシストに助けられて5時間半(Ave26kph!)で終わったというツー錬グ。この時から清澄養老ラインは通行止めで、小湊から「県民の森~麻綿原」経由。
三回目の前回は「けんとも」コンビが見事に完走!という感動ツーリング。
そして四回目の今回はpirataからエースI塚さんを迎えて8名で。



・朝6時君津集合。のときの気温はマイナス1℃
DSC_3454.jpg


・夜明けと共にスタート
DSC_3455_20141215100835540.jpg


・1登目。鹿野山。から望む筑波山。
DSC_3456.jpg


・富士山も素晴らしい!
DSC_3460.jpg


・鹿野山を南に下ってもみじロード。はずっと氷点下でした(T_T)

・2登目は峰岡林道1号(愛宕山)。稜線を走って峰岡林道二号線のパラグライダー発射場。

DSC_3470.jpg

・風が弱くて飛べるか微妙なとこなんですって。僕等にはこの風の弱さに助けられたといっていい。


・下って鴨川。10時のこの時点で8℃くらいありました。やっぱり鴨川や南房総は暖かいんだねえ。

DSC_3475.jpg


・海!!

DSC_3481.jpg


海!海!!

DSC_3494.jpg



・には目もくれず三登目登ります。小湊から県民の森、そして麻綿原高原。

DSC_3496.jpg

・登っていくとこんな景色の連続。

DSC_3497.jpg


DSC_3498.jpg


DSC_3501.jpg


・ピークには「妙法生寺(通称あじさい寺)」があります。


・「パワータップは下の御堂の中」??

DSC_3510.jpg


・のぼると、

DSC_3511.jpg

こーんな180度パノラマ太平洋の絶景が!

DSC_3515.jpg


DSC_3514.jpg


・麻綿原から養老渓谷方面のへの下りは狭くてダスティで、少しスリリングで楽しいルートです。


・養老渓谷からは4登目、大福山(画像省略)。

・亀山湖に下って(一部ダートアリ)、亀山湖からは5登目、三石山(画像省略)。

・三石山から下って房総スカイラインで君津方面へ。

・そして本日のボスキャラ、6登目は鹿野山東面。
郵便局から九十九谷展望公園まで、約3.5kmで300mほど上がる。平均勾配にして8.5%ほどのなかなかな坂です。
サラ脚ならなんてことない距離&勾配なんだけれども、ここまで120km以上2600Upとか走ってきた最後の最後にくるから堪えるんですね(^^)


・しかし登り切ったらこんな絶景がご褒美として待っている。

DSC_3529.jpg


・明るいウチに帰れるかしら?とか心配したけれど、パンクが一回あっただけで怪我もトラブルもタレることもなく、全員無事完走。
終わってみれば15時半には君津スタート地点に戻ることが出来ました。めでたしめでたし♪

・さすがに今シーズンはもう山岳ツーリングは終了でしょう(←そう言い続けてもう3,4回開催したけれど^^;;)

なんだかんだいって今年もけっこう登ることが出来ました。付き合ってくださった皆さんありがとうございました。

来年もまた一緒に遊びましょう。

DSC_3530.jpg







・以下、ウェアリング備忘録。

君津スタートマイナス1℃、イチバン寒かったのがもみじロードあたりで最低がマイナス4℃。
長狭街道以南でやっと1℃、イチバン暖かかったのが鴨川~小湊あたりで10℃くらい。
養老渓谷から亀山湖、房総スカイラインはずっと5℃前後。君津ゴール15時半で3℃。

※気温は低かったけれど、常時ほぼ無風だったのが、あまり体感温度を下げずに助けられたポイント。

・アンダーアーマーヒートギアメタル(夏用長袖)+スポーツ腹巻き
・Aprico冬用長袖(PARENNTHINI:14CヘビーテクノLSジャージ)
・Aprico冬用ビブタイツ(PARENNTHINI:80C SUPER ROUBAIX アナトミックビブタイツ)
・Apricoウインドベスト(PARENNTHINI:C72T3Z WINDTEXベスト)
・Apricoウインドブレーカー(F2P製)※下りだけ着用
・ネックウォーマー(薄手)
・OGK冬用グローブKG-12W
・冬用シューズカバー
・ヘルメットカバーLAZERエアロシェル(←重要!)


以上でバッチリ!

・ウインドブレーカーは最初のWU、鹿野山登り始めまでと、鹿野山下り~もみじロード、最後の鹿野山下りからゴールまでしか着なかった。

・前回の奥多摩も氷点下スタートで寒かったけれど、ファイントラック(半袖)で全然寒くありませんでした。今回はほとんど汗をかかずに登ったからアンダーアーマー(夏用)で良かったけれど、汗かくならファイントラックのほうがいいかも?

・真冬でも、あまり汗をかかないようにのんびり登れば、この程度の装備で氷点下ギリギリまでならイケる。



スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。