Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2013-06

0629APEX筑波山岳ツー

・大池~不動峠~十三塚~東筑波ユートピア~フルーツライン~裏加波山~一本杉峠~きのこ山~りんりんロード~大池、

計80km/1700mUP

 

Entire workout (133 watts):

Duration: 3:55:37 (5:58:18)

Work: 1877 kJ TSS: 212.6 (intensity factor 0.751)

Norm Power: 188

VI: 1.41

Pw:HR: n/a

Distance: 79.692 km

Elevation Gain: 1722 m

           Min Max Avg

Power: 0 717 133 watts

Cadence: 4 163 60 rpm

Speed: 0 65.6 20.4 kph

****************************

体重:NA

安静心拍:NA

FTP:250W/ATL83.8/CTL89.9/TSB+24.6

機材:IDOL /w SRM /wPC-VI + RacingZERO+VELOFLEX CORSA23

****************************

・ふらっと一人で筑波でも走ろう、と思って朝7時前にいつもの駐車にいくとかえる@山さんと温玉さんが。聞くと三人で山岳錬だっていうじゃないですか。じゃあせっかくだからご一緒させてください、と合流させて戴きました。

 

今日の相棒は我が愛しのIDOLちゃん。

と、珍しくクリンチャー。(初代RacingZERO)

DSC_0075

 

 

・が。首謀者の素敵な奴さんがゴニョゴニョゴニョゴニョな事情で来ない。そうですかー。最近見ないあいだにそんなに速くなっちゃったんだね?(違)

 

・そんなこんなで40分くらいディレイ。いつもの不動、十三塚、東筑波ユートピアを超えて八郷のコンビニ休憩中にまたしても素敵な奴は捕まる(笑)(←今度はお仕事の電話のほう)。

 

途中、フルーツラインを爆走する「素敵な」列車は実に快適でした♪

 

DSC_0076

 

ここでさらに30分くらいディレイして「もう引き返そうか?」くらいな雰囲気だったんですが、当初の予定の道祖神峠&板敷峠だけカットして裏から加波山へ。

 

加波山ピークでは野田から自走(!)できたふつうじゃねえパパさん合流。

そして一本杉、そしてきのこ山を登り返しての丸山のパラ発射台。

(もはや定点観測といっていい。)

 

DSC_0078

 

 

 

お約束な記念撮影。

 

DSC_0079

 

 

 

さて。皆さん午前中限定ということもあり時間切れ。最短ルートの丸山林道から湯袋峠をつなぐ通称「幽霊峠」を抜けて戻りましょう、ということになったのだけどここでちょっとトラブル。

一同、戦意喪失しまして、湯袋から風返峠へは登り返さずりんりんロードに降りてマッタリ走って帰着しました。

でもまあ怪我もなく大したことにならなくてよかったよかった。

 

 

・個人的には調子悪いこともあってとにかくゆっくり、はぁはぁ言わないように登りました。こんなときに無理して走ると坂も走ることも嫌いになっちゃうから。

・そういった意味では、思いの外ラクに登れてよかったよかった。

しかしまあ朝から色々ある日だったなあー。。。

 

 

 

***

 

・帰路、都内某所に寄り道して夕方帰宅すると、一階の自転車部屋(←勝手に命名してるだけ)に、三階にあったはずのボクのベッドが運び込まれていました(@@;)

 

 

DSC_0081

・・・って、エエーー(驚)

 

いよいよ「自転車と結婚しろ」って意味か?家庭内単身赴任生活の始まりか?(^^;

 

 

(今に始まったことじゃないけど)わが神さまの模様替えはスケールが違うんです。。。

 

いっつも驚きを通り越して固まっちゃうよ(^^;)いやホント。。

 

 

 

 

 

0627100kmペース走

・自宅~関宿橋往復 100km

Entire workout (195 watts):
Duration: 3:10:43
Work: 2229 kJ
TSS: 208 (intensity factor 0.814)
Norm Power: 204
VI: 1.04
Distance: 101.482 km
      Min Max Avg
Power: 0 487 195 watts
Cadence: 7 100 75 rpm
Speed: 5.5 46.9 32.0 kph
****************************
体重:NA
安静心拍:NA
FTP:250W/ATL72.7/CTL89/TSB+36
機材:C59/w CINQO/w RIDEA + BORA ONE+Arenberg
****************************

・落車のダメージ、よりも(件の)アレルギー症状が酷くてとても乗れない状態が続き実に5日ぶりのワークアウト。

・思っていたよりも走れてよかった-。





















0622APEX&Aprico南栃木ツー

・Aprico&APEX山岳ツーリング
佐野市役所田沼出張所~金原山~愛宕山~山の神~大越路~出流山~田沼、100km/1700mUP

Entire workout (162 watts):
    Duration:      4:11:54 (6:04:54)
    Work:          2417 kJ
    TSS:           271.7 (intensity factor 0.831)
    Norm Power:    208
    VI:            1.28
    Distance:      100.473 km
    Elevation Gain:        1676 m
         Min    Max    Avg
    Power:           0    505    162     watts
    Cadence:         3    114    67     rpm
    Speed:           3.7    63.5    24.0     kph
****************************
体重:NA
安静心拍:NA
FTP:250W/ATL92.8/CTL94.9/TSB+27.5
機材:C59/w CINQO/w RIDEA + BORA1+Veloflex Arenberg(前後6BAR)

****************************

 

・たけさんプレゼンツ、みやさんコースコーディネートな南栃木ツーリングに参加。

 

・実は某美女とJIR○ちゃんと前夜(というか当日朝?)呑んだくれてたりして^^;

DSC_0007

 

 

DSC_0010

 

DSC_0013

 

閑話休題。。。。

 

 

・以下本題。参加メンバーは首領たけさん筆頭に(今回のコースディレクターである)みやさん、うっしー、ツーとも、あかね@パパ、のAPEX組に、kkさん、きつねさん、ボク、で計8名でスタート。

 

・コースはこんなかんじ。

 

・以下、今回はツーリングの様子を写真でお送りします(手抜きともいう)

 

DSC_0016

 

DSC_0023

 

DSC_0025

 

DSC_0026

 

DSC_0027

 

DSC_0028

 

DSC_0030

 

DSC_0031

 

DSC_0034

 

DSC_0037

 

DSC_0038

 

DSC_0039

 

DSC_0041

 

DSC_0042

 

DSC_0045

 

DSC_0047

 

DSC_0049

 

DSC_0050

 

 

DSC_0052

 

 

 

 

総括と雑感など。

 

・しれっとコケました(T_T) ウエットの下り、先行者に近づき過ぎ>先行者ブレーキ>自分もブレーキ>腐葉土踏んでリアからずるっと。

立ちごけみたいな速度だったから大した怪我しなくて済んだけど。。。これが一回目(左側)。

 

・二回目は山の神から下粕尾へ下りる土砂降りの下りで。今度は右側。はずかしー(>_<)

ほんと、どーもサーセンm(_ _)m

 

以降自嘲いたします。しばらくはAPEX系ツーリングは自粛しておこう。今度コケたら言われるかわかんないからね^^;

 

・それにしても青あぷじゃーが無傷だったのはよかったよかった!怪我はほっといても治るけどあぷじゃーはお金払っても買えませんから!

 

・(個人的なコース最高♪ クルマはいないし景観はいいし。こんな近場でこんな素敵なコースがあるのは知りませんでした。コーディネーターのみやさん、企画取りまとめのたけさんありがとうございました~。

 

 

 

0621ペース走

・自宅~玉葉橋往復

Entire workout (188 watts):
Duration: 1:47:09
Work: 1210 kJ
TSS: 108 (intensity factor 0.784)
Norm Power: 196
VI: 1.04
Pw:HR: -3.44%
Distance: 56.421 km
     Min Max Avg
Power: 0 384 188 watts
Heart Rate: 79 173 123 bpm
Cadence: 11 107 75 rpm
Speed: 7.7 49.3 31.6 kph
****************************
体重:NA
安静心拍:NA
FTP:250W/ATL63/CTL90.5/TSB+34.6
機材:C59/w CINQO/w RIDEA + Racing7+GP4000S
****************************





0619今日もローラー(ひさびさLT)

・自宅三本ローラー(LTのみ負荷Ⅱ、他は無負荷)60min

Entire workout (195 watts):
Duration: 1:00:31
Work: 708 kJ
TSS: 66.3 (intensity factor 0.821)
Norm Power: 205
VI: 1.05
Pw:HR: n/a
Distance: 43.644 km
     Min Max Avg
Power: 0 309 195 watts
Cadence: 41 116 91 rpm
Speed: 11.5 56.4 43.3 kph
****************************
体重:NA
安静心拍:42bpm
FTP:250W/ATL64.8/CTL92.3/TSB+28.4
機材:C59/w CINQO/w RIDEA + Racing7+GP4000S +E-motion
****************************

・今朝もローラー。ちょっと踏んでみたい気分になってきたのでひさびさLT。

・LTっていったってL4下(240W)を20分。しかも一本だけ。それでも十分シンドイものでした。

・僅かに1ヶ月前は260W二本もやってたとか、全く信じられん(^^;

 積み上げていくのは本当にコツコツまさに牛歩の如くだけれども、落ちるときは「矢の如く」。儚いものです。。

 



0618ローラー回転練

・自宅三本ローラー無負荷60分

Entire workout (166 watts):
Duration: 1:01:12
Work: 609 kJ
TSS: 45.7 (intensity factor 0.675)
Norm Power: 169
VI: 1.02
Pw:HR: n/a
Distance: 53.365 km
     Min Max Avg
Power: 0 253 166 watts
Cadence: 27 129 106 rpm
Speed: 13.9 59.2 52.3 kph
****************************
体重:NA
安静心拍:NA
FTP:250W/ATL64.5/CTL92.9/TSB+26.4
機材:C59/w CINQO/w RIDEA + BORA1+Veloflex Arenberg E-motion
****************************

・ちょっとだけローラー。メインメニューは無負荷でクルクル120回転縛り。回しきれずに115回止まり。。。

・特記事項無し。まずはここから。








0615守谷関宿周回140km「kk先輩の自転車ミュージアム番外編」

・自宅~玉葉橋~運河~守谷(ハンス・ホールベック)~芽吹橋~関宿城~自宅、計140km

 

Entire workout (161 watts):
    Duration:      4:44:39 (6:16:26)
    Work:          2754 kJ
    TSS:           244.4 (intensity factor 0.725)
    Norm Power:    181
    VI:            1.12
    Pw:HR:          n/a
    Pa:HR:          n/a
    Distance:      139.3 km
    Elevation Gain:        179 m
    Elevation Loss:       172 m
    Grade:         0.0 %  (5 m)
        Min    Max    Avg
    Power:           0    478    161     watts
    Cadence:         5    104    74     rpm
    Speed:           5.7    51.4    29.4     kph

****************************
体重:NA
安静心拍:NA
FTP:250W/ATL92.1/CTL98.7/TSB+28.5
機材:C59/w CINQO/w RIDEA + BORA1+Veloflex Arenberg
****************************

 

・件の症状がまたまた悪化。水曜日あたりから酷くなってきて金曜日当たりがピーク。あちこち痒いのも応えるんですが、とにかくカラダが重い(リアルに体重も重い)。全身のむくみからか、手足はボンレスハムのよう。レーパンの裾や靴下のゴムが食い込んでまるで赤ちゃんの手足のよう。クスリを止めたのがよくなかったのか?それともそのクスリの後遺症なのか。

 

・でも明日16日は、今年前半のターゲットレース富士山国際ヒルクライム(通称あざみ)。ちょっとでも脚動かしておかないと!って思い立って朝遅くに軽くサイクリングに出かけました。

 

・で、家を出てエドサイインするそのタイミングでTクン&ねみちゃんと遭遇。すごい偶然!まるで待ち合わせたみたいじゃない?

 

・どうせこの時間帯のエドサイは人が多くて危ないから20kph程度しか出せません。Tクンねみちゃんとおしゃべりしながら「少し一緒に走ろうよ」と。

「この先の◯◯◯病院のあたりまで。そうそう!その目の前がKK先輩んちなんだよ~。」

なーんてお話してましたら噂をすれば影。見慣れた綺麗なペダリングのKK先輩登場。「今日は何処までですか?」「じゃあご一緒に」ってんで4人列車でGo!

 

・なんだかんだと皆んな毎週のよに走るようになっちゃいましたねー。流山橋まで、25kmくらいはあると思うんだけどあっという間。Tクンも100kmコースなんてあっという間なんでしょう。その安心を見届けた上でkk先輩と二人離脱。そのまま北上して守谷周回(野田APEXコース)へ。

 

・どうかなー?って思って軽くサイクリングに出たもののやっぱりダメっぽい。脚もカラダも何もかも重くて(T_T)

せめてお天気がいいなら、皆んなに逢いにだけでもいくんだけどなあー。明日の雨は確実みたいだからDNS決定。(関係各位ドーモサーセン(^^;)

 

・KK先輩と相談して珍しくランチなど。今日はハンス・ホールベック

SN3S1071

※ノンアルコールですからね。念の為!>to SWの一部の皆さんへ

 

 

・その後、芽吹橋から利根サイを関宿城まで北上してコーラ休憩、の後向かい風クライムなエドサイをひたすら南下。あっという間に帰宅しました。

二人だとキモチが切れないからいいですよね。

KK先輩ありがとうございました!

Tクンねみちゃんまた一緒に走りましょう♪

 

 

・帰宅後、速攻で明日の準備を「解き」ました(^^;

Reynokds32はもう使わないだろうから13-29Tなんてコグも外してしまい込む。

一抹の寂しさは募るけれど、まあ来年も(多分)あざみはあるだろうしね!

 

 

 

***

 

以前、Apricoで飾らせて頂いていて大好評だったkk先輩の自転車ミュージアム番外編です。

 

↓過去の記事↓

*kkさんの自転車ミュージアム(第一弾)*

*kkさんの自転車ミュージアム(第二弾)*

*kkさんの自転車ミュージアム(第三弾)*

*kkさんの自転車ミュージアム(第四弾)*

*kkさんの自転車ミュージアム(第五弾)*

 

 

今日乗っておられたのは(多分1994年?95年頃?)の

DEROSA“元祖”「PRIMATO」。

 

SN3S1073

 

SN3S1075

 

塗装も凝ってます。

 

SN3S1076

 

COLUMBUSのパイプのシールが誇らしげ。

ちなみにこの時代、初代PRIMATO(95年頃)以前はDEROSAにモデル名はなく、このパイプの名前(SLやSLX、MAXなど)がモデル名でした。

「DEROSA SLX」とか「DEROSA MAX」とか「DEROSA TITANIO」とか。

(更に余談。kk先輩は上記3モデルも全部持っていたりします^^;)

 

SN3S1077

当時はバラのマークがあったんですねー。

 

 

kk先輩の特徴は(ほぼ)全ての自転車が乗れる状態にある、そしてその自転車にとってイチバン似合う(もちろん当時の!)パーツで固められている、ということです。

 

コンポはもちろんCampy。

Record8Speed。

 

SN3S1078

 

SN3S1079

 

この時代、カーボンなんて欠片もないけど、綺麗ですよねえ(うっとり)

 

シートポストは同じくCampyのエアロタイプ。

でサドルはターボ。もちろんオリジナルです。

 

SN3S1083

 

 

リムはこれまた名作、MAVICのGP4。(旧型ロゴがまた泣かせる)

SN3S1080

 

 

ハブがまた美しい。

SN3S1081

 

SN3S1082

 

この輝きをオカズにご飯三杯喰える!と思うのは僕だけでしょうか。

 

 

 

***

コチラは僕の今日の相棒「COLNAGO C59」。

 

SN3S1074

 

(更に更に余談。kk先輩はコレも(しかも二台もw)も持っていたりする)

 

・今年久しぶりにのったIDOLもやっぱりいいなあとかでもCOLNAGOなんだよなあとか、二台の間を行ったり来たりしているけれど、どっちも乗ると「やっぱりイイ!」って思えるからしょうがないんですよね。元カノと現カノとの間でふらふらしてる浮気者みたいだけど^^;

 

・ところがKK先輩ほどの「大奥」をお抱えになる「殿」になると、浮気って言わないから不思議。むしろアッパレ感が漂い軽蔑はおろか皆から尊敬の眼差しで観られてしまうもの。やっぱり器が違うのか?

 

・たった280円の牛丼でも食い逃げしたら捕まりますが、数百億数千億の負債なら踏み倒しても捕まらないのが現代社会ですからねー。
何事もやるならでっかいスケールでやらないとね(←違)。

 

 

 

 

0610夜サイ「一人反芻会」

・自宅~玉葉橋往復56km

Entire workout (144 watts):
Duration: 2:01:03
Work: 1049 kJ
TSS: 75.2 (intensity factor 0.612)
Norm Power: 153
VI: 1.06
Pw:HR: n/a
Distance: 55.608 km
     Min Max Avg
Power: 0 309 144 watts
Cadence: 20 149 70 rpm
Speed: 0 45.1 27.5 kph
****************************
体重:59.5kg/7.8%
安静心拍:NA
FTP:250W/ATL123.6/CTL104.8/TSB-26.2
機材:IDOL /w SRM /w PC-VI + BORA1+Arenberg
****************************

・レースとかロングツーリングとか、ハードなワークの翌日は積極的に乗ろう!派です。アタマのネジが緩んでる今がチャンス。回復走にもなるしね。

・火曜日以降雨だっていうからなおのこと走るなら今日のうちに!って走り出したら30kmも走らないとこで雨に降られました(泣)むきーっ


***

・昨日の「富士2.7本締め」一人反芻しつつ、個人的感想をかいつまんで。



・150km3000mくらい登った時点でたいていの人は脚が止まります。「もうぜったい無理!」って思う。けれどやってみれば案外登れてしまったりする。まして平地ならガンガン踏めたりもする。不思議なモノです。
なぜか?それは「やってみた事がなかったから」の一点に尽きると思うんですね。
一人やいつもの日常的練習だとなかなか自分の枠を超えられないもの。
かのアンカ銀さんが二本で止めるっていってたくせに三本目も先頭引いて尚且つ最後の籠坂峠をトップ通過したのは好例だと思います。


・icecream manことginさんが滝沢林道を好タイムの登ってきたのも印象的でした。
セカンドウインド?っていうのかな?めちゃめちゃ疲労してるはずなのに「あれれ?なんだか脚が軽いぞ」って感じる経験ってありますよね?あの経験は、限界スレスレを超えないと見ることが出来ない領域だと思うんです。


・Bianchi弟クンがDi2電池切れはわざとなのか?ネタなのか?(笑)と一同の笑い(←失笑含む)を取っていましたが、結果としてみんなからさして遅れることなく完走できてしまった。
インナーロー固定で150kmですよ?僕ならぜったい嫌だけど! (笑)

しかし得るものも大きかったはず。ついついガシガシ重いギア踏んでしまっていたところを、クルクル綺麗なペダリングで登れていたし(実際、富士風穴のセクションは一番通過だった!)、下りは加速できないから無意識に減速しないよう、ブレーキにぎらないよう、綺麗なラインで下れるようになっていました。まさに瓢箪から駒ですよねー。


・同様にして、Nぶまたクンのリアホイールがスポーク一本飛んでフレフレ状態で同じく150km近く走ったけれど、登りは無意識にガチャ踏みをやめて綺麗にトルクかけるようなペダリングになっていたし、下りはリアブレーキ掛けられないから、前荷重にならないよう気をつけてフロントブレーキ主体で下れるようになっていました。これってすごいことなんですよ!?



・まったく同じような光景を、昨年夏の日光でアンカ銀さんの
「リアシフトケーブル切れる(リア13T固定)>銀さんの走りがキレる>で僕らが切れる」
で目の当たりにした経験があります。



怪我や病気から復帰した選手が、よりつよくなって戻ってくるように、多少の不自由さは時に人を強くするもの、なのかもしれませんね。











0609「富士2.7本締め!」

・道の駅すばしり~↑あざみライン↓~水塚公園~↑スカイライン↓~富士宮~↑富士風穴↓~道の駅なるさわ~間違って登る↑↓~さらに間違って登る↑↓~スバルライン(入り口まで)~↑滝沢林道↓~道の駅富士吉田~↑籠坂峠↓~道の駅すばしり、計190km/5100m上昇

 

Entire workout (168 watts):

Duration: 8:19:09 (13:14:49)

Work: 5013 kJ

TSS: 482.9 (intensity factor 0.778)

Norm Power: 194

VI: 1.16

Pw:HR: n/a

Distance: 189.817 km

Elevation Gain: 5089 m

  Min Max Avg

Power: 0 603 168 watts

Cadence: 0 195 69 rpm

Speed: 0 81.8 22.6 kph
****************************
体重:58.5kg/NA
安静心拍:NA
FTP:250W/ATL131.7/CTL105.6/TSB+23.2
機材:IDOL /w SRM /wEDGE800 + BORA1+Arenberg
****************************

 



昨年好評だった(?)富士さん本締めがバージョンアップ!


・富士あざみライン、スカイライン、スバルラインに加えて、滝沢林道を追加(復旧作業が終わっていれば) して、「よん本締め!」


・今年はスカイラインで雨にヤラれないよう時計廻りです。


 

**************

 

1)コース




2)スケジュール

 

5:00スタート

【セクション1 すばしり~あざみライン~すばしり 23km約2時間】

~11km ↑11km/1200m平均10%

~23km ↓1km/1200m下降

補給:道の駅「すばしり」(持参して車内に用意しておくこと)


7:00リスタート

【セクション2 すばしり~スカイライン~富士宮 70km約4時間】

~29km 3km下り基調

~44km ↑15km/800m平均5%

~57km ↑3.5km/900m平均7%

~93km ↓35km/1800m

補給:富士宮コンビニ「ファミリーマート」

11:00リスタート

【セクション3 富士宮~道の駅なるさわ 24km約1時間】

~110km ↑16km/600m平均4%

~117km 6km下り基調

補給:道の駅「なるさわ」 ※昼食時間30分を想定

 

12:30リスタート

※このリスタートタイムに間に合わに場合は自動的に3本締め。

【セクション4 なるさわ~スバルライン~滝沢林道入口 50km2時間】

~127km 10km登り基調(料金所まで)

~151km ↑24km/1200m平均5%

補給:富士スバルライン五合目レストハウス

~177km ↓26km/1200m下降


14:30リスタート

【セクション5 滝沢林道~道の駅「富士吉田」 29km2時間】

~190km ↑13km/800m平均6%

~206km ↓16km/900m

補給:道の駅「富士吉田」


16:30リスタート

【セクション6 道の駅「富士吉田」~籠坂峠~道の駅「すばしり」 16km約1時間】

~216km ↑10km/200m平均2%

~222km ↓6km300m


17:30ゴール!道の駅「すばしり」

 

*

の予定だったのですがががが。。

 

 

******************

 

今年も定刻5時にあざみラインをスタート。

 

SN3S1056

 

 

5合目ゴール。今回は(来週あざみでレースなので)ここだけ頑張りました。平均240Wで1時間ちょうどくらい。

 

SN3S1057

 

 

・朝6時くらいだったけど、菊屋さんはもうやってるんですねー。

なんでも今朝は最高のご来光だったとか。(暗闇の中あざみを登ってご来光を拝むサイクリスト多数なんですって)

 

・菊屋のおばちゃん曰く、「自転車で登るなんて凄いわねえー。一日に三本も四本も登る人がいるのよー」って話してた矢先にBianchi弟登場。

「あら、この人よー」って、やっぱりキミの事かよ(笑)

「また今週も来たのね!」とまで^^;

 

 

SN3S1058

 

・今日は本当にお天気に恵まれて、午前中は終始富士山を拝みながら走りました。

 

 

・次はスカイライン。ここの登りはホントにながい!で去年は雨にヤラれたんですよね。

(それはお天気じゃなくって富士山が雲を作っているから、なんだそうだ)

今年は学習しまして午前中、積乱雲が上がらないウチにスカイラインをやっつける作戦。

 

 

SN3S1059

 

・今年は「スカイライン」の名前通り、雲の上を走る経験ができましたー。雲海綺麗だったなー。写真にうまく映らないのが残念。

 

SN3S1060

 

 

で5合目ゴール。55分くらい。

 

SN3S1062

 

・僕らがゴールしてまもなく雲が上がってきてとたんに視界が悪くなりました。やっぱりスカイランは午前中限定なんだねえ。。

 

SN3S1064

 

 

・全員無事上がってさあ下山!ってタイミングに某Bianchi弟クンのDi2が動作せず(インナーロー固定状態に)。

 

・さらに、某Nぶまたクンのリアホイール(R-SYS)フリー側スポークが富士宮への下山中にすっ飛びフレフレ状態。

 

・が、そもそも予定していたようなペースで全員登れず、スカイライン下山時で既に30分くらい遅れていらから、メカトラも加わって富士宮ファミマで1時間以上ディレイ。うーん、ちょっと時間的にキツイかな?

 

 

・富士風穴を抜けるルートも皆さんペースが上がらず昼食(道の駅なるさわ着時点でさらに30分くらいディレイ。

 

・昼食食べてリスタート後、スバルライン入口までの道案内を僕がミスルーティングしておりまして、登っては下り登っては下りの繰り返し(ドーモサーセン^^;)。結局富士吉田ICそばまで下るはめに。

 

これで都合二時間半くらい予定時刻より大幅にずれ込んでしまいスバルライン登り口が15時近くになってしました。

 

 

SN3S1065

 

 

・暗闇の中を下山するリスクだけは避けたい。許される時間はあと3時間半ほどか。とするとスバルラインを1時間半くらいで登れないと帰れない計算となってしまう。。

 

・とここで皆さんと相談。どうする?スバルライン登る?

「制限時間を1時間半に限って行けるとこまでいきますか?」

「僕もう二本でお腹いっぱいだからどっかで待ってるよ!」(銀さん)←嘘ばっかりW

「スバルラインやめてあざみもう一本いくってのは?」(Bianchi弟)←そんなの却下に決まってるでしょ(笑

 

と、そこで、

 

「滝沢林道登ったことないから、来年よん本締めやるときの下見としてスバルラインパスしてそっちいきますか?」

 

という極めて建設的且つナイスなアイデアで一同納得、全会一致。

滝沢林道は距離も獲得標高も1本と認定するには少なめなので0.7本くらいの扱いかなー。

つまり今回は「富士2.7本締め」と相成りました。

 

・滝沢林道は本当にいい道でしたねー。

 

SN3S1067

 

・ついさっき「二本でお腹いっぱい!もうやめる」とか、滝沢林道登りながら「僕も脚が終わってるからゆっくりいきます!」なんて言ってたくせにBianchi兄と一緒に先頭引いて二着だった銀さんにはウケました(笑)

皆さん、今回の最年長メンバーですぜ?やっぱり自転車は年齢じゃないんですよねー。

 

・滝沢林道ゴール。ここからは通行止めのようです。

下から13kmで800m上昇くらい。

 

SN3S1068

 

 






・道の駅富士吉田で補給したら最後の籠坂峠を登って、くだったら道の駅「すばしり」に18時過ぎ、無事ゴール!

SN3S1070

 

・走行距離にして約190km、獲得標高差約5100m。平均速度は22kphあまり。グロスタイムは13時間ほど。獲得標高差は参加者全員がみな自己最高記録だったようです。

もっともそんな記録なんかよりもどうですか、この達成感に満ちた皆さんの笑顔は(^^) ゴール時のハイタッチこそが記憶に残る映像になったのは言うまでもありません。

 

・というわけで、残念ながら「よん本締め」は来年以降への宿題ってことで。これに懲りずまたやりましょう!

もちろん今回参加の皆さんには優待券(←赤紙とも言う)送りますから( ̄ー ̄)ニヤリ

 

コチラは実際に走ったルート。





***

 

「凄い」とか「ヘンタイさん!」とか言われるけれど(←褒めてません!)、やってみれば案外誰でも(かかる時間の差はあれど)できるようなもんだと思うんですよね。

 

必要なのは、「やってみようかな」っていうちょとした遊びゴコロと、

お馬鹿な遊びにいつでも付き合ってくれるお馬鹿な仲間、

ただそれだけだと思うんですが、どうでしょう?






0606今夜も懲りナイトライド 「映し出す灯」

・自宅~関宿橋往復100km

Entire workout (181 watts):
Duration: 3:07:30
Work: 2040 kJ
TSS: 181.1 (intensity factor 0.763)
Norm Power: 191
VI: 1.05
Pw:HR: n/a
Distance: 100 km
     Min Max Avg
Power: 0 385 181 watts
Cadence: 2 125 81 rpm
Speed: 6.6 43.7 32.0 kph
****************************
体重:59.0kg/8.4%
安静心拍:40bpm
FTP:250W/ATL99.6/CTL101.1/TSB+13
機材:IDOL /w SRM /wEDGE800 + BORA1+Arenberg
****************************

・昨夜はAprico営業日。で今週もやっぱり楽しい夜なのでした。ご来店頂いた皆さんありがとうございました♪

・で案の定、今日の朝はすっかり大寝坊。よって朝練ナシ。明日は雨だっていうし今日も走っておきたい。ので性懲りも無くナイトライドへGo!

・「いくらでも乗れる」と思えた4月の状態にはちょっと程遠いんだけど100km/3h/32kph@180Wなら自分的には上出来上出来。あれほどに苦しんだアレルギー症状からもすっかり回復(←勝手に判定)♪


***

・久しぶりのナイトライドで暗闇を走りながら、ライトの「明るさ」についてちょっと想う。

技術の進歩によって十数年前からは比較にならないほど明るくて安いライトを僕達は手にしたけれど、本当にそれに比例して「見えて」いるのだろうか?
明るさと認識性ってちょっと違うんじゃないのか?


・OティモF田さんもご自身のBlogで書き留められているが、明るくしようとすればするほどに影は強まり物体のグラデーションは弱まり、まるでフラッシュを焚いたような映像になってしまう。
昨今流行りのLED球が、性能=輝度(カンデラ)と勘違いされているからその傾向はさらに強まる)
明るさ=輝度、ではモノはうまく写らないのだ。


・強い灯りはより強い灯りで対峙しようとするから、クルマも街もジテンシャも、みな同じように煌々と真っ白な照明を灯す。だから都会はますますこの悪循環に陥ることになる。眩しく見えなくなったら本末転倒なのに。



・二十数年前、東南アジアを放浪していた頃に見た村の夜は本当に真っ暗だった。ミンダナオ島もチェンマイもプノンペンも、農村には灯りはおろか電気さえ通っていない場所もあって(あっても停電だらけ)、夜は本当に暗闇だった。

そこで現地のボランティアスタッフの一人が教えてくれた技がある。

「まず目を瞑ってごらん。30くらい数えたらそっと目を開ける。ほら?うっすら見えるようになったでしょ?」

そうそう!不思議と見えないものが見えてくるんだよね。

そこに月明かりでもあえば完璧!昼間気づかないような僅かな陰影さえも、綺麗に映しだされてくるあの不思議さ。


高輝度LED球には、あの月あかりのような「映し出す」力は乏しい。輝度は見せかけの明るさだから。






・じゃあどうすればいいのか?一つは「都会ならば強力なライトは不要」「むしろ自分の存在をしらしめるフラッシングや反射光に気を使うべき」と考えます。
テールライトなら自分の走行レーンを作り出すこんなのがいいですよね~


・で肝心のフロントライト。もうそろそろ性能(カンデラ)競争からは脱却してもらいたいところ。何度でも繰り返しますが輝度でモノは映し出せない。せめて光束の量であるルーメンで計るべき。
ルーメンはPowerのものもだから、所詮は「エネルギー保存の法則」から逃れられない。「単三電池一本でこんなに明るい!」なーんてのは妄想でしかないんですね。自転車だって光だって、結局モノを動かす力はPower=W(ワット)だと思います。
ライトならバッテリーの電圧V×放電容量mAがすべて、といって過言ではない。
高輝度LEDをガンガン光らせたいが故にバッテリーもリチウムとか高価な電池使ってPower絞り出して、というのも如何なものかという気がします。

ここはひとつ知恵を働かして、人は何をもってモノを認識するのか?それを考えたほうがいいんじゃないのか。
最近ではこんなライトも考案されているようで期待が持てますね!



・そういば、街灯にだってオレンジの「ナトリウム灯」が設置されている場所もある。あれは真っ白の灯りよりもオレンジ色の単光色が認識性が高いからですよね。同様に自転車のライトもオレンジ色とかできないかしら?フィルターとか付けて。



そうそう!あの「ナトリウム灯」には紫外線を含まないので虫が寄ってこないんですって!(←これがオチ)









0605朝サ(ry 「時限爆弾」

・自宅~庄和町のマック往復 80km

Entire workout (184 watts):
Duration: 2:32:47 (2:48:55)
Work: 1684 kJ
TSS: 146.5 (intensity factor 0.76)
Norm Power: 190
VI: 1.03
Pw:HR: n/a
Distance: 79.85 km
     Min Max Avg
Power: 0 360 184 watts
Cadence: 5 181 78 rpm
Speed: 6.9 47.3 31.4 kph
****************************
体重:58.9kg/8.9%
安静心拍:41bpm
FTP:250W/ATL86.1/CTL99.2/TSB+21.7
機材:IDOL /w SRM /wEDGE800 + BORA1+Arenberg
****************************

・今朝もサ(以下略)

・走ってるウチにどぉーーーーしても!朝マックが食べたくなって思案した挙句、エドサイからもっともインしやすいと思われた庄和町16号沿いのマックへGo!
まあこうしてたまに食べれば気が済むんです。しばらくはいいかなー。

・しかし(なんちゃってとはいえ)カプチーノが100円とは驚異的!どういう仕掛けなの?あれで利益が出るんだから経済って不思議だ。

・以下備忘録。「朝の16号はクルマが怖い」「かと言って歩道に入れば女子高生が怖い」「つまりは走りたくない」




***

・アレルゲンの結果が出て来ました。


DSC_0001 (1)


・疑っていたイネ科のアレルゲンは無し。個人的にもっとも不安だった猫アレルゲンも無し。よかったよかった!


・がしかし、スギアレルギーが「2」(6段階中)人によっては発症し始めてもおかしくないレベルだんだそうです。

・歳を追うごとに体質も変化するから、来年以降なくってるかもしれないし、いっきに「6」になるかもしれない。それはわからないんだけれども、いえるのは少しずつスギのアレルゲンが体内に蓄積されてっているって事。いつ爆発してもおかしくないわけです。

こういった時限爆弾(がん細胞も含めて)を、ニンゲンはいくつも抱えてるですね。





0604今日も朝サイ「お久しぶりなHRM」

・自宅~越谷CC付近往復50km

Entire workout (167 watts):
Duration: 1:39:57
Work: 1001 kJ
TSS: 79.8 (intensity factor 0.697)
Norm Power: 174
VI: 1.04
Pw:HR: -1.43%
Distance: 50.104 km
     Min Max Avg
Power: 0 332 167 watts
Heart Rate: 75 135 118 bpm
Cadence: 9 162 79 rpm
Speed: 2.4 47.6 30.1 kph
****************************
体重:58.8kg/8.8%
安静心拍:40bpm
FTP:250W/ATL76.3/CTL98.1/TSB+22.7
機材:IDOL /w SRM /wEDGE800 + BORA1+Arenberg
****************************

・今朝もまったりサイクリングで50kmだけ。珍しく心拍計つけて走ってみました(PowerCalはこんなカタチで有効活用されておりますw)。

・(アレルギーのせいか薬のせいか)謎の大増量をしていて、一時は60kgをこえるんじゃないかってほどだった体重もだんだん落ちてきて、やっと58kg台に収まってきました。これってむくみ?老廃物なんでしょうか。

・と同時に安静心拍も下がってきて通常範囲になってきました。今日みたいなサイクリングペースだとAT値(自分の場合は135bpmくらい)になることもなくハアハア言わない範囲で走ってる事を確認することもできた。



・普段はPMに頼りっきりで心拍計なんて全く付けない自分ですが、こんなふうに体調を測る道具としてはいいんでしょうね。
トレーニングの指標としては結構工夫しないと難しいかもしれないけれど。







・コッチも珍しいIDOLとBORAの組み合わせ。





バツグンに快適です♪







0603朝サイクリング

・自宅~玉葉橋往復 57km

Entire workout (163 watts):
Duration: 1:53:08
Work: 1101 kJ
TSS: 85.6 (intensity factor 0.679)
Norm Power: 170
VI: 1.04
Pw:HR: n/a
Distance: 57.395 km
      Min Max Avg
Power: 0 284 163 watts
Cadence: 5 169 78 rpm
Speed: 1.7 44.3 30.5 kph
****************************
体重:NA
安静心拍:NA
FTP:250W/ATL75.8/CTL98.5/TSB+24.6
機材:IDOL /w SRM /wPC-VI + RacingZERO+VELOFLEX CORSA23
****************************

・なんとか走れるようになってきたっぽいんでちょっとだけ。

・当分は(虫が怖いので)ナイトライドは無しな方向。

・無理なくおきれた朝に、朝食抜きで走れる時間だけ走る。






0602リハビリ走「狭き門より入れ」

・自宅~シンザカヤさん往復 74km

Entire workout (179 watts):
Duration: 2:25:41
Work: 1564 kJ
TSS: 137.4 (intensity factor 0.759)
Norm Power: 190
VI: 1.06
Pw:HR: n/a
Distance: 72.926 km
     Min Max Avg
Power: 0 334 179 watts
Cadence: 5 171 72 rpm
Speed: 1.6 49.6 30.0 kph
****************************
体重:NA
安静心拍:NA
FTP:250W/ATL74.2/CTL98.8/TSB+34.2
機材:IDOL /w SRM /wPC-VI + RacingZERO+VELOFLEX CORSA23
****************************

・実に5日振りにワークアウト。こんなに乗らなかったのはいつ以来だろう?
それほどにこのアレルギー(と抗アレルギー剤)の反応はしんどかった。。心身ともに。


・およそ三週間経過してやっとやっと「昨日よりはマシ」って状態になったので午後から少しだけ乗る。サイクリングペースで3時間足らず。本当はJCRC修善寺な日でした、もったいないことしたなー。。。


・実は昨日またまた別の医院に行きました。そこで「昨日よりマシ」のきっかけを作ってくれた出会いが。







・正体不明のアレルギーにあちこち病院を紹介され、まわり回った病院でもたらい回しにあい、血液検査を2回も受けて(その度に検査結果待ちで一週間とか待たされる!)、、

挙句「よくわかんないけど、アレルギー体質のIgなんちゃらって数値が高い」って、、それだけですか!?みないな^^;

なんだよ、お医者さんが納得したいがためだけに検査してたんですか!?みたいな^^;



・いよいよ諦めて「これは長期戦だなあー」と覚悟を決めていた矢先、知人に紹介を受けていった皮膚科・アレルギー科のちっちゃな病院。これがまたびっくりな昭和の景色(^^ 

受付にはこれまた昭和な雰囲気プンプンのおばちゃん(失礼!)。「これやばくない?」って入るのも一瞬躊躇しつつ診察室に入るとそこには昭和というより明治(大変失礼!)な匂いプンプンな超お元気なおじいちゃんもといおじちゃん先生が。

で、入るなり


「あー、毛虫にやられちゃったねえ。。」


そ、そうなの??



・さらに続けて「こりゃヒドイねえ。。辛かったでしょう?よく」がまんしたねえ。。」と。

そう、僕らのように原因不明の、先が見えない患者にとって何よりありがたいのはこういったねぎらいの言葉なんですね。この掴みの部分だけで「ああ、このお医者さんに全て託そう」そう思えてしまう。

欲しいのは、病気の原因じゃなくって明るい未来、つまり安心感なんです。
その安心感をもたらすのは血液検査とか科学的根拠ばっかりじゃなくって、その医師が持っている豊富な経験からくる裏付けを感じることができるから。


・もちろんその医師が言っていることが正しいとは限らない。しかしー

「僕の経験だと、多分2,3箇所あるいはもっと同時に毛虫の類に脚をやられたんでしょう。だから膝下から少しずつ上がっていったんだねえ。目はひょっとしたらイネ科のアレルギーっぽいけど、、何か思い当たることは?ああ、サイクリングロードをねえ。この季節は雑草を刈る前だったり刈ってる最中だから、きっとそれじゃないかなあー」

と、ずばり発症当日の事を言い当ててしまった。


「きっと治るよ。どれくらい時間がかかるかわからないけれど。」

と。


「ちょっとだけ強い塗り薬を出すから、しっかり塗って我慢したりしないように。ステロイド?うん、そうだけどね、あれはちょっと情報が先走りし過ぎというか、過度に使いすぎると問題があるだけであってね、あんまり神経質になりすぎてステロイド系の薬を避けるあまり、痒みを我慢し過ぎたり掻き壊しちゃったり、そのほうがよっぽど問題があると思うね。なによりキモチが荒んでしまうでしょ?そのほうがよほどカラダによろしくない。」


お酒も当分は控えたほうがいいですよね?


「いや、キモチよく眠れるなら我慢せず呑んだほうがよろしい!適量なら百薬の長だ。

“過ぎたるは及ばざるが如し”だがね?( ̄ー ̄)ニヤリ」



あはは(^^

いやー、こんなところで名医と出会うとは!





***

もしも「名医」といわれる医師が存在するとしたら、それはきっと小麦粉を万能薬に変えてしまうような人だろう。
プラセボ?というかもしれないけれど、実際のところどこまでがプラセボでどこからが自己治癒力なのか、その線引は曖昧だ。むしろプラセボ効果を最大限発揮できる医師はそれだけで名医と呼ぶに相応しい。

結局のところ、病を治すのは患者自身の力であって薬も医師もその助けをしているに過ぎない。だから、過度に期待しちゃ(悪い意味じゃなくって)いけないし、頼りすぎちゃいけない。モンスター化する多くの患者は、そもそもが現代医学に期待し過ぎちゃうから勝手に裏切られた!って思い込んじゃうんじゃないかな?

治す患者も人。それを支える医師も人。だから全ては為人。





たとえね、入り口がこんなんでも、開けてみないとわからない事だって、あるものです^^



DSC_0001.jpg



 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する