Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2013-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0323不動峠6本「仮想修善寺インターバル錬」

・平沢駐車場~不動峠×6、43km/1400mUP

Entire workout (170 watts):
Duration: 1:58:50 (2:03:58)
Work: 1215 kJ
TSS: 168.7 (intensity factor 0.925)
Norm Power: 231
VI: 1.36
Distance: 42.857 km
Elevation Gain: 1396 m
Min Max Avg
Power: 0 512 170 watts
Cadence: 4 113 72 rpm
Speed: 5.2 50.9 21.6 kph

****************************
体重:57.9kg/9.0%
安静心拍:NA
FTP:250W/ATL121/CTL91.6/TSB-23.6
機材:C59/w CINQO/w RIDEA + BORA1+Veloflex Arenberg
****************************


・来週土曜日は(個人的な開幕戦)JCRC修善寺。平地はまったくおよびじゃないキャラなので、軽量級でもまあ修善寺ならなんとかなるか?なんて思ったのが大間違い。エントリーリスト見て戦意喪失中。。。どう妄想しても完走できる気がしないんですけど^^;

・もっとも理想的なシナリオとしては5-6人の逃げが決まってプロトンが諦め&マッタリ気味になること。たぶん優勝候補な人達のラップタイムは8分半~9分切るくらい。集団は(Sクラスなら)どんなにマッタリでも9分半くらいだろう。とすると一周1分未満なら全8周で8分だからラップされずに済むはず(って、セツナイ妄想だなあ(T_T))。

・いずれにしても、秀峰亭への登り(およそ1.7km90mUP)を5w/kg以上の強度で登れないことにはお話にならない。最初の一周目で千切れちゃうからね(^^; 時間にして約4分。

・というわけで今日は4分のインターバルを単独練習。修善寺が8周だから8本。一本の目標値は5w/kg=290W。不動峠は頑張って13分くらいの峠なので、4分一本やってインターバルタイム2分、また4分やればだいたい峠の手前までいく計算。インターバルは流さずL4下限に収める。

(最初と最後の勾配のキツイ部分はインターバルに適さないので使わなかった)


***


不動峠(ウォーミングアップ):15分30秒@233W

すぐに下って、筑峯学園の手前から1本目スタート。

#1 L5:4分@310W
INT#1:2分@225W
#2 L5:4分@288W

下山   :7分

#3 L5:4分@293W
INT#2:2分@226W
#4 L5:4分@292W

下山   :6分30秒

#5 L5:4分@287W
INT#3:2分@215W
#6 L5:4分@281W

下山   :6分20秒

#7 L5:4分@275W
INT#4:2分@226W
#8 L5:4分@279W

下山   :6分30秒

不動峠(クールダウン):16分10秒@219W


***

・見事な「黄金のタレ」に我ながらびっくり(~~;) 最終セットは4%近くも落ち込んでいた。しかもパワー自体もしょぼいし。結構頑張ったつもりだったのに。しくしく(T_T)

・20日にやったTepe錬のときから考えると10%以上も低い。つまりそれくらい自分独りじゃ出来ない領域なんですねVo2max近傍の領域って。最後のほうになるとついつい「もーむりー」「ここらへんで勘弁してやろう!」とか思っちゃう。

・パワーって、ポジションとかペダリングとか、そういうスキルがまずあって自然に「湧き出る領域」ってのと、頑張って「絞り出す領域」ってのがあるような気がします。自分の中で5分未満のVo2max近傍はこの領域にあたる。でもこれって独りじゃなかなか「絞り出せない」んだなあ。TepeクンやKuni_toshiさんや館長と一緒だと、いとも簡単に「しぬー!」って感じになるのにねえ。

・ヒトは思っている以上に「生命維持装置」のカギが固く締まってるんだと思うんです。独りで開けることはきっとできない。でも、練習仲間やレースなどの環境があれば思いのほか簡単に緩めることが出来る。だから練習仲間は大切なんだなあー。何度でも地獄の縁まで案内してくれる強い練習仲間が(笑)

ヒトもやっぱり動物なのだから、たぶん「自殺」って簡単にはできないのですよ。きっと。








スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。