Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2013-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0211Aprico「ふらっと」房総ツーリング

・保田海岸~水仙ロード~しいたけ村周回コース(逆走)~嶺岡林道1号線~同2号線~みんなみの里~県道89号~保田海岸、計76km

Entire workout (143 watts):
Duration: 3:40:31 (5:48:04)
Work: 1895 kJ
TSS: 202.7 (intensity factor 0.763)
Norm Power: 191
VI: 1.33
Distance: 76.219 km
Elevation Gain: 1303 m
Min Max Avg
Power: 0 531 143 watts
Cadence: 7 173 63 rpm
Speed: 3.8 56.1 20.9 kph

****************************
体重:60.0kg
安静心拍:NA
FTP:250W/CTL75.6
機材:NeoPRIMATO + 手組チューブラー/w PT
****************************

・さて今週も飽きずに房総。恒例Aprico山岳ツーリング(←いつの間に山岳になった?)
今日のルートは保田海岸スタートで佐久間の水仙ロード、佐久間ダム横を抜けてしいたけ村、白石峠経由で嶺岡林道1号線。同2号線、といった「ちょっとだけ登りを盛りました(^_-)-☆」な75kmの予定。

・集合(S/G)地点の保田海岸。既にあたたかーい♪
729993788.jpg


・参加者は女性4名男性7名計11名。にスペシャルゲストでマコチさんみずちゃさんご夫妻が参加してくれました。ウチはサイクリングですよ?本当にゆっくりですよ?と念を押したんですけど「土日と追い込んだ後なんで脚スカスカです。サイクリング希望です」なんて言ってくれてますがホントでしょうか?自転車乗りは嘘つきばっかりだからね(^^



(回復走代わりとはいえ)ホビーのトップレンジにいるイナーメな方と(つい先日までぴよぴよだった)Aprico女子会な方々が一同に介してツーリングする日が来ようとは!個人的には感慨深いものがあります。

32798938_1886432450_251large.jpg






・さり気なく激坂な水仙ロードも佐久間ダム近辺もクルクルと平気で登っていくようになってしまったAprico女子会な皆さん

32798938_1886432421_180large.jpg





・常に集団の先頭を牽引していくお三方の平均年齢は◯◯歳!

1657608_1886216755_184large.jpg

1657608_1886216732_203large.jpg

1657608_1886216743_29large.jpg


ってどうよ?>(ぜんぜん自転車乗ってないっていう)20代のHスモトクン。





・アタック!(←ヤラセ)

1657608_1886216707_87large.jpg






・いつも仲のよろしいマコチみずちゃご夫妻はフォームも綺麗。

1657608_1886216701_61large.jpg

速い人=フォームが綺麗、とは限りませんがフォームが綺麗な人は往々にして速いですよね。






・いつもの記念撮影ポイントにて。


「イチ、ニのサンでハイ!跳んで!」「パシャッ」
32798938_1886432663_74large.jpg

ぴよぴよ→パタパタ、ときていつか飛んでいっちゃうんじゃないかしら^^;






・ちょっとしたアクシデントも含みつつも(激坂を降らせた件はおおいに反省しております^^;)保田14時過ぎ到着。ぜんぜんフラットじゃない75km1400mがこんな時間でこなせるようになるなんて、ねー。

マコチみずちゃご夫妻引率だったペースのせい(^^)もあるけれど、誰ひとりとして遅れることがない安定したペースこそが何よりの功績です。ほんとにすばらしい。




***


・自転車を始めたばかりな皆さんが日々成長していくシーンを、目の当たりにして観ることが出来るのは何よりの喜びです。自分が行き詰まっているだけにね(笑)


・けれど、いつか頭打ちになるときがくるかもしれない。どんなに走りこんでも昨日の自分との「差」を感じることができなくなる日がくるかもしれない。

そんな時が来たらね、「速さ」を他人や過去の自分と比べることだけに使わないでください。

「たったの一日でこんな遠くまで来れた」とか「自分の脚でこんなに高いとこまで登れた」とか「みんなと一緒に走れた、みんなに付いていくことができた」とか、そんな尺度を忘れずにいれば「速さ」に対する想いも揺らぐことはないと思うんです。


「速くなりたい!って思った原点はココだった」そう思える記憶を、「速さ」の評価軸ZERO地点を、ずっと忘れずにいたいものです。










(写真はのぶまたクンぐっちゃんから戴きました。いつもありがとう!)

スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。