Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2009-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1018アートスポーツ杯兼JCRC第9戦in群馬CSC

・アートスポーツ杯兼JCRC第9戦in群馬CSC

#Race:(17*6km=102km)
Duration: 2:43:58 (2:46:37)
Work: 1973 kJ
TSS: 275.5 (intensity factor 1.004)
Norm Power: 246
VI: 1.23
Pw:HR: 1.35%
Distance: 100.123 km
Min Max Avg
Power: 0 710 201 watts
Heart Rate: 116 174 153 bpm
Cadence: 8 159 86 rpm
Speed: 6.8 62.4 36.6 kph

Entire workout (184 watts):ローラーWU、試走1周含む全体
Duration: 3:27:09 (4:10:05)
Work: 2283 kJ
TSS: 318.5 (intensity factor 0.96)
Norm Power: 235
VI: 1.28
Pw:HR: -9.48%
Distance: 125.39 km
Min Max Avg
Power: 0 710 184 watts
Heart Rate: 100 174 148 bpm
Cadence: 8 166 87 rpm
Speed: 3.6 88.4 36.3 kph
******************************
体重:58.0(レース後、入浴時)
安静心拍 : NA
ATL98.2/CTL102.4/TSB+35.7
※FTP245W
******************************

「今日のレース」
マスドAクラス
リザルト:9位(出走67名完走56名)
タイム 2:46:39.035
トップ差 00:02.030
平均速度 36.72kph

「名は体を顕す。リザルトは実力を表す。」



+++

「レース展開等」
・特記事項がないくらい平坦なものだった。とにかくペースが遅くて(平均速度ではなくアタックがないから上げ下げがない、という意味)終始まったり。ヘアピン下って登り返しで常に牽制状態で誰も前に出たがらないからレースが全く動かない。Aクラスともなれば地脚もしっかりしたタレント溢れる方が何人もいるのだけれど、単独アタックは基本的に全て放置プレー。誰も同調しないからしまいには誰もアタックしなくなった。
・最終局面でも50人以上の集団だったのではないか?しかし前方で展開するメンバーは限られていて常時集団の前方で展開してるのは20名くらい。出ないのか出られないのか不明な方々が30名くらい。
・12周目70km経過地点でSクラス逃げグループにラップされる。「どんだけ遅いんですかウチらは?」いや、「どんだけ速いんですかスーパーサイア人クラスは?」と言うべきか。
・その直後、残り5周というシーンでpianopianoアベちゃんともうお一方の逃げが決まる。でも集団前方の我らは「しばらく泳がせよう」と相談、後ろ姿が見えるか見えないかの位置(20~30秒差)でコントロール。牽制しまくりでグデグデだった集団が唯一意思統一してローテした瞬間でした。(ゴメンね>アベちゃん)
・そろそろ追走開始、というときにSクラスメイン集団にラップされる。そのためレースコントロールが入り一旦ニュートラル(休戦)へ。このおかげで逃げが吸収されてしまいました。しかしアベちゃんらはよく逃げた!残り30kmで逃げに打って出られる脚力と自信を羨ましく思います。個人的には敢闘賞を差し上げたい。全く動かず退屈だった今回のレースで唯一のトピックでした。
・最終周。ホームストレートから集団の落ち着きがなくなって、登り返しで超牽制状態。定石通り心臓破りでアタックが掛かって反応できたのは10名くらい。しっかり反応、したけどラインをアウトにとってしまった。コレが今回最大の失敗。さらに加速していく先頭10名が遠のく。
・バックストレートで必死に踏んで、最終コーナーの牽制で集団の速度が一瞬ひるんだときに追いつき、ゴールスプリントの参加権を手に入れる。
・後続も追いついて集団30名くらいでスプリント開始。偶然にも前の人が斜走をして目の前にラインができる。ラッキー♪と踏んだけどそのときには既に時遅し。先頭は遥か先でした。やっぱり心臓破りからの位置取り、登坂時に加速できなかったのが全て。つまり力不足。

・優勝は“かの”K坂さん(茄子アンダルシアの夏の監督さんです)、その他入賞者はレース中もずっと前方にいた人達ばかり。仲間はずれにされたみたいで寂しい。。。表彰台を下から見上げるっていうのはいつも複雑な気分です。トホホ。


「結論。機材じゃなくって脚力です」
CA3A0086-2.jpg

相棒よすまぬ。クロモリでも時代遅れなんかじゃないってことを証明してやりたかったのだけれど。
生まれ変わってきたら次こそ強いレーサーとめぐり合っておくれ。



「お友だち関係」
・つっつる聖人がBクラス3位表彰台!おめでとう!でも「つっつるさんほどの人がなぜBクラス?」ってずっと言われていたからね。当然といえば当然。来年は同じレースで一緒にはしゃごうね>つっつるさん
・APEXからは今回僕とうっしーだけの参加で少し寂しかったけれど、梅兄弟やさやかちゃん@ちゃんらチクリHIDEなみんな、ネロさんはるはるさんイモグラブさんらとご一緒できたからわいわいと楽しかったですヨ。レースイベントはこれがないとね。



「備忘録等」
・2時半起床3時出発3時半うっしー宅。うっしーのやらかし(笑)により結果として4時過ぎうっしー宅発。
・マエさんルートがわからなかったので122号で桐生太田へ。北関東道経由月夜野で6時20分ごろ現地着。6時半開門してギリギリコース内の駐車場へ入れた。
・チクリヒデなみんなと温泉入ってまったりして食事も済ませて8時過ぎに現地発。関越大渋滞の情報だったので帰路も北関東道桐生太田で。そこからは一般道。122から栗橋を抜けて利根川にそって南下のルート、でうっしー宅22時半帰着。自宅には23時過ぎ帰宅。
・片付けして風呂入って深夜1時からF1ブラジルGP生放送!終わったのが2時半。そういえば今日(昨日か?)起きたのは2時半だった(←馬鹿)


スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。