Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2009-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0906しょうなんAPEXと旧車会

・自宅~しょうなんAPEX錬(10km平地周回×4+α)~旧車会(運河~守谷方面)~自宅、計190km

Entire workout (133 watts):
Duration: 7:02:12 (10:16:03)
Work: 3369 kJ
TSS: 317.6 (intensity factor 0.672)
Norm Power: 158
VI: 1.19
Pw:HR: 18.78%
Pa:HR: 3.7%
Distance: 187.943 km
Min Max Avg
Power: 0 711 133 watts
Heart Rate: 75 176 118 bpm
Cadence: 29 108 74 rpm
Speed: 3.6 48 26.7 kph
******************************
体重:57.8kg/7.8%(夕食前)
安静心拍 : N/A
ATL163.5/CTL105.9/TSB-37
******************************

「今日のAPEX錬」
・は奇数週なのでしょうなん開催です。リーダー銀さん不在、おっかない速度で走る人も不在、今回は少人数の8名参加、というわけ平地限定集団走行練習会に。
・最初の一周は全員でローテーションの練習。平均33kph~35kphを目安に走る。二周目以降は脚のありそうなベテランの方3名に交代で逃げてらって集団のペースを上げていく練習。

・仲間と練習する場合、全員でガンガンいくチギリ合いもやればやったで楽しいのだけれど、ちぎれた時点で(最悪はものの5分で)練習時間がおわってしまう。チーム錬としては全員が100%の強度で2時間キッチリ走り込めるのが理想です。
・余裕がある人は「長く引く」「向い風区間で一本引きする」「ちぎれそうな人を集団に引き戻す」「単独逃げをして集団追走のエサ役をやる」。余裕がない人は遠慮せずローテを飛ばして回復する感覚を掴むこと、そして回復してまた復帰できるのだという自信をもつこと。これらの工夫しだいで脚力の異なる集団でも質の高い練習ができると考えます。

・それにしても、、、始めたばかりの方々が多くを占めた今回のチーム錬でいきなりコレくらいの周回錬ができてしまうことにびっくりです。僕なんて最初の半年は毎週半べそ状態、ローテができるようになるまで1年近く掛かった記憶がありますが(汗)。。。
・新しいメンバーが増えてその方々が新たなモチベーションの種になっていく。これぞチーム内の新陳代謝です。ますます今後が楽しみですね。


***

「今日の旧車会」
・APEX錬終了後、ダッシュで集合場所の運河へ。ちょっと遅刻しましたスイマセン。
・集合早々マエさんのダッコルディにノックアウト!80年代?でしょうか。フリクションのWレバーに7速、しかもカンパCレコですよ!あの世紀の失敗作といわれたデルタブレーキ!コレに比べたら僕のNeoPRIMATOなんて「BMW製のmini」「FFのビートル」みないなもんです。旧車風ルック車でしかない。ショボン。
・野田APEXコースを一部使いながら守谷方面へ。途中マエさんとBike交換したりみんなで試乗会。やっぱり旧車風ルック車でいいや(笑)。いまさらWレバーなんてムリー。シフトするのがあんまり面倒だからシフトしなくなっちゃってシングルスピードと化してしまいます。ギア比もインナーローで44-23ですか?そんなんムリムリー。


・まったりペースで守谷の「ハンスホールベック」へ。
ハンスホールベック1

・絶品ローストポークのランチ。
ハンスホールベック


・その後、いい年したオヤジどもがレーパンジャージでお菓子の国へ。
サンタムール

・エンゼルシューが有名なようです。「サンタムール」。
CA3A0021_20090907110816.jpg

・自転車乗って旨いモンくってアーシアワセ♪

***

・午後からは風がいっそう強くなりました。のんびりだからだろうけど「どうしてこうクロモリで走ると向い風が苦じゃないんだろうね?」っていうのが旧車会全員の一致した意見です。最新カーボンバイクがあまりの高性能で速く走れちゃうから、ゆっくり走ることがそもそも難しいのかなー?

・MTBはずいぶん昔から速度や路面状況、ライダーの体重によってサスペンションの調整をすることが前提になっています。XCOとDHが同じストロークなんてありっこない。同様にして、ロードだってライダーの体重や走り方、スピードレンジによって変化してもいいじゃないのか?体重70kgの人が1500Wでもがくスプリントでもこのクロモリがいい、とは思わないけれど、プロユースの高剛性フレームが万能、とも思えません。
・カーボンだからこそ出来るっていうのは何も軽量化だけじゃないはず。クロモリでコントロールできない細かい弾性コントロール。特に「小さいサイズ」で「ゆっくり走っても」楽しく感じられる剛性のコントロール。そういうカーボンフレームの登場に期待します。



・芽吹橋で解散。
CA3A0022090906.jpg


・旧車会。それは「軽量フェチの呪縛」からは解き放たれるものの、「ビンテージの世界へようこそ」っていうとっても恐ろしい落とし穴が待っています。やばいやばい。ebay厳禁。



スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。