Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2009-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0607八方ヶ原TT

・八方ヶ原HC・TT(13.5km/900mUP)、UP他21km(下山含まず)

八方ヶ原TT:
Duration: 48:22
Work: 719 kJ
TSS: 91.9 (intensity factor 1.067)
Norm Power: 251
VI: 1.01
Distance: 13.441 km
Grade: 6.7 % (897 m)
Min Max Avg
Power: 0 430 248 watts
Cadence: 24 104 78 rpm
Speed: 7.1 40.8 16.7 kph

Entire workout (219 watts):
Duration: 1:01:18
Work: 804 kJ
TSS: 104.8 (intensity factor 1.013)
Norm Power: 238
VI: 1.09
Distance: 21.499 km
Min Max Avg
Power: 0 430 219 watts
Cadence: 21 123 81 rpm
Speed: 0 59.7 21.0 kph

******************************
体重:56.3kg(起床時)
安静心拍 : 38bpm(同)
SpO2 : 98%(同)
ATL105.6/CTL113.1/TSB+7.6
******************************

リザルト(手元の時計バージョン);48′22″
リザルト(公式バージョン)    ;51′22″
090607八方ヶ原TT


「今日のヒルクライムTT」

・八方ヶ原ヒルクライムTTに参加してきました。過去3回出場しているので、これで4回目。
・結果は上記の通り、(微妙だけど)PB更新の248W@48分。ワーイ!・・・なんですが訳あって公式記録は51分22秒です。「今日のやらかし」はそのテのエキスパート、強豪ネロ嬢を倒してワタシが戴きましたヨ。やった!勝った。
・初めて参加した2006年10月の記録が52分52秒でした。それを考えればスタート遅れ3分もらってもなお今の自分の方が38歳の自分よりも速い。やった!勝った。
・48分だろうと51分だろうと所詮は自己満足の世界なのでどっちでもいいんですが、問題はどこまでいっても満足できないんだろーなーってこと。たとえ46分だったとしても「もっとやれたはず!」って思っちゃうのでしょーねー。ヒルクライムの山頂ゴールにはいつまでたってもたどり着けない気がする。

SH3C0002.jpg



「今日の備忘録その1」(←忘れちゃいけない、の意)
・tarmacさんのおこぼれで(トライアスロンの世界で有名な)Mエダさんにディスカスいただきました。目から鱗な話ばっかり!いやあー勉強になりました。月間40時間にはちょっと衝撃。実に有意義な講義を受けた気分です(このノウハウは実際に自身で立証したら公開します)。代償としてタイムが3分ディレイでも惜しくない!

「今日の備忘録その2」
・僕のお馬鹿な「やらかし」のせいで、同時スタートになってしまったゼッケン106番の方。ホントにすみません。スタート後5kmのオーバーペースは後ろにいた僕のせいですよね?モチベーションの上がるせっかくの時間差スタート個人TTを台無しにしてしまってごめんなさい!
・しかしゴール後、僕が何度お詫びしても
「いやーアレは自己ベストをねらって最初っから飛ばしたんですよー。でも体調もイマイチで失敗しちゃいました。アハハー」
なんと素晴らしいお答えでしょうか。その台詞がたとえ嘘でも僕には救いになります。ありがとうございました。(失礼ながら)ちょっとご年配とお見受けしましたが「歳を重ねるならかくありたい」と思いました。
・レースイベントに望む上で、タイムや順位をモチベーションにするのは大い賛成だけれども、その目標にとらわれすぎて目を三角にして、同じ参加者や開催側のボランティアの人に、支えてくれている多くの人々に、目を向けられなくならないようにと切に思います。


「今日の備忘録その3」
一番人気yama師匠二番レモンニさん、1-2と2-1は拮抗。流しならたけ先生、大穴うっしーさん、対抗ふつうのパパさん野州さん。憧れはノブさん。
要は「高価なボージョレーより安価であってもビンテージ」という話。(ヒルクライムの話ではないですヨ。念の為!)
男子たるものかくあるべし。わするることなかれ。



***

山頂ゴールで記念写真(野州さん写真ありがとうございます)

090607八方ヶ原

うまくいってもいかなくても、レースイベントは分かち合える仲間がいてこそ!
レース後の露天風呂で、語り合う反芻や反省はいつまでも尽きることはありません。



スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。