Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2009-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0114いま流行りの“96%”

・自宅~流山橋往復40km

Entire workout (185 watts):
Duration: 1:27:41
Work: 973 kJ
TSS: 105.9 (intensity factor 0.851)
Norm Power: 200
VI: 1.08
Pw:HR: -7.1%
Distance: 41.393 km
Min Max Avg
Power: 0 472 185 watts
Heart Rate: 76 154 128 bpm
Cadence: 20 98 70 rpm
Speed: 2.4 41.9 28.3 kph

********************************

◆12月からハンドルが近くて高いポジションを試してきました。目的はただ一つ「脚を高い位置から降り下ろすこと」。
◆「骨盤を立てる」「カカトを下げない」「膝を高く上げる」「踏むのは時計の2時から4時までで5時で脱力」etcetcこういったペダリングに関するTippsもきっと目指すところは同じなんだと思います。
◆ロードレーサーが時速30キロ以上で走り続ける上で最大の敵は空気の壁。そこからすると「や○め学校」ポジションはやっぱり全面的に支持できない部分が多い。でも上記のペダリングを習得するには手っ取り早い方法かも、とも思います。

◆たった一ヶ月で成果がでるわけではないけれど、最近FTP85%(L3)の領域がすごく楽になった(気がする)。脚の重さだけで踏める(気がする)。ので今月から本番Bike本番ポジションに戻しました。ポジションはもちろん昨年のまま。
◆意外にもこれがバッチリ。いいじゃんこのままで。
「もうポジションで迷っちゃだめ!」「いじっちゃだめ!」「Bikeのせいにしちゃだめだめ!」と、3ヵ月後6ヶ月後の自分に伝えたい。



***

◆今、巷のロードレーサーの間で最もホットな数値はずばり“96%”では?
ポジションも固まったことだから、しっかりと流行にのってウワサの数値を測定してみた。

するとー

IDOLポジション090114-3

を!確かに。
a寸法(サドル先端~ブラケットの窪み)640mm÷b寸法(BB~サドル高)665mm=0.962
とでました。う~む畏るべしYまざきさん!


***
以下余談。

ポジションは「サドル高」「サドル先端~ハンドル中心」「サドル後退量」「ハンドル~サドル高低差」などで表記するのが一般的だと思います。しかしこれだと
「ハンドルの形状やブラケットの位置、シャクリ・オクリが考慮されない」
「TT用に前屈したいときなどサドル前後位置をいじるとハマる」
などの理由から、僕はずっと前から独自のポジション記載をしています。

書き留めているのは、
「レバー先端~サドル先端」
「サドル先端~BB中心」
「BB中心~レバー先端」
の三角形と
「レバー先端~地上高」
の4点。

こんなカンジ。
IDOLポジション090114-1

これならフレームなど機材を変えても比較的近いポジションを再現できます。

↓こちらは2007年10月のポジション。
LOKK565ポジション071031-1


あ、

同じパーツが一つもない(汗)

再現できてもこれじゃ意味ない?(汗汗汗)


スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。