Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2008-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1019アートスポーツ杯in群馬100km

#Race:
Duration: 2:49:25 (2:51:15)
Work: 2035 kJ
TSS: 276.4 (intensity factor 0.989)
Norm Power: 240
VI: 1.2
Distance: 101.02 km
Min Max Avg
Power: 0 560 200 watts
Heart Rate: 110 173 150 bpm
Cadence: 31 128 91 rpm
Speed: 15.2 59.8 35.8 kph

Entire workout (試走3周含む全体)
Duration: 3:21:30 (3:35:25)
Work: 2390 kJ
TSS: 323.5 (intensity factor 0.981)
Norm Power: 238
VI: 1.21
Distance: 118.004 km
Min Max Avg
Power: 0 560 198 watts
Heart Rate: 108 173 149 bpm
Cadence: 31 128 89 rpm
Speed: 8.8 59.8 35.1 kph

************************************

アートスポーツ杯100Km in群馬CSC兼JCRC第9戦(Bクラス)
リザルト:集団ゴールで順位不明(多分18位くらい?後日追記予定)


*

レース展開など。

・事前情報で(うえむらさんありがとうございました)某宇宙軍団の若者をマーク。
・調子はよかったので序盤から終始集団前方で展開。
・全体のペースは上がらず下がらず淡々と進む。登りと下りで自然と前に出ちゃう感じ(決して引いたわけじゃあありません)
・Oベストのお二人は後半から仕事っぷりがよかった!二度ほど単独逃げも試みていたしチームプレーもしていたし。
・アタックしたのは都合3回。が全て放置プレー。100kmという距離が二の足を踏ませるのか?
・何度か掛かるアタックも「決まるかな?」ってときに某若者がチェック(←かなりのツワモノとみた)。決して逃げに乗ることもなくまして先頭後退することもなく。。集団吸収の繰り返し。
・カレの強さは集団内でも周知らしく「カレが行くなら行く、動かないなら動かない」という集団の空気。
・結果としてカレの存在感だけがレースを作ったといってよい。最後まで多きな動きもなく最終周回へ。
・ヘアピン抜けて二個目の陸橋下くぐったあたり(登りセクションの初め)でつっつる先生アタック。これで少し活性化。
・その勢いを借りて最後の8%勾配を使ってラストアタック。決まった(ように見えた)釣られて飛び出たのは某大学の学生さん。そしてカレも。
・エスケープ成功?やった!この三人なら逃げられる!悪くても3位表彰台か?いやあ困ったなインタビューはなんて答えようか。でも次戦からAクラスは辛すぎるなあエヘヘ♪なんて考えていた俺様はホントにアホです。
・このまま三人で廻して・・・ってなんで脚止めちゃうのよ!ここで駆け引きしても・・・と思ってる矢先に最終コーナーで追走集団に飲み込まれて・・・
・最終的に20人くらいの集団ゴール。結果はもちろんズブズブです。つっつるさんの次着くらいか。
・空っぽな脚で踏んだゴールスプリントは286w/43.7kph/30secという平凡なものでした。がっくりorz
・目標だったチームプレーも満足にできず・・・


・スタート地点、怖いもの知らずの僕ら
P1000317.jpg

・ロードレース的な登坂をしなきゃいけないのに“もてぎ”での反省が生きていません
P1000325.jpg

・最終周突入
P1000344.jpg
P1000346.jpg

・ゴール手前。ゴールスプリント開始時
P1000347.jpg

・拡大すると既に埋もれてるのがわかります
P1000347-1.jpg

・(多分)表彰台な方々。当然ワタクシは写ってません。トホホ。
P1000348.jpg


(写真撮影:うっしーさん。サポートなど今日はホントにありがとう!)



***

ただただ、悔しい。冷静になってきたら今頃涙が出てた。
悔しさは「もっとやれたはず」という自信の裏返しなのかもしれない。
その自信が自惚れだったとしても、今夜はこの悔しさだけを持ち帰る。
悔しさはチカラにかわる。きっとかえられる。


40にもなって泣けるほど悔しい思いができるなんて、幸せじゃないか。


スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。