Playing with a POWER METER.

Riz(雌猫。2歳児)との日々を綴ります。ときどき自転車もね。

2008-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シマノバイカーズフェス反芻会

************************

7月28日(月)のワークアウト

自宅三本ローラー1時間

Entire workout (142 watts):
Duration: 1:06:25 (1:07:17)
Work: 565 kJ
TSS: 39.6 (intensity factor 0.598)
Norm Power: 145
VI: 1.03
Distance: 59.089 km
Min Max Avg
Power: 4 205 142 watts
Heart Rate: 71 127 113 bpm
Cadence: 42 116 104 rpm
Speed: 21.4 60.8 53.4 kph


weight: 56.2kg(起床時)

************************

ハードな週末でしたが今朝は意外とカラダが軽い。ので三本ローラー無負荷1時間。オカズは昨夜シャンゼリゼゴールしたTDF21ステージ。
長い戦いを終えた男の顔って、どれもいいねえ。。



***

(しつこいようですがシマノバイカーズフェスティバル参戦記その3です。)


・今回のっけから大誤算だったのはチームの要、カナメちゃん(♂)が急病で参戦できなくなったこと。そのショックたるや。。

・「存在なくしてその存在を示す」のいい例だった。1日目MTBレース、表彰台、夕食、翌日の朝食、二日目チームTT、表彰台、戻って昼食。すべてのシーンで「カナメちゃんがいてくれれば・・・」なんどこの台詞を言ったことか。そして聞いたことか。

・一日目のMTB4時間耐久ではラメ、tatsuちゃん、カナメちゃんの三人組で出るはずだった。しかも三人の中ではカナメちゃんがイチバン走れる状態だったはず。それを補った二人も凄いけれど、カナメちゃんがいたらもっと楽に勝てたんでしょう。総合でもオープンクラス優勝のストラーダさんと競い合っていたかもしれない。

・カナメちゃんはいなかったけれど彼のBikeはあった。カナメちゃん病欠を知らなかった部族★長さんが持ってきてくれたおかげでtatsuちゃんのBikeトラブルを救うことになるとなんて。そこにいなくてもちゃんと優勝に貢献してたんだなー。

・もっと切実に困っていたのは彼がキャンプの仕切りをしてくれるはずだったこと。
家事料理など全くNGな僕ら三匹の子豚らは困った挙句「どっかレストランでも探す?」なんて相談してました。

・お母さん(カナメちゃん)はいなかったけれど彼が仕込んでくれた食材とキャンプ道具一式は預かっていた。そこでお父さん(部族★長)さんの一言、
「せっかカナメちゃんが仕込んでくれてあるんだから食べないと可哀想だよ」
そうです。そのとおり。
皆さんに手伝ってもらいながら(というかほとんどやってもらいながら)食事作りにチャレンジしてみました。ってパスタ茹でただけだんなんだけど。

・さらにお父さんがお母さんの伝言を授けてくれたが救いでした。
「1.6mmのパスタは冷製パスタ用だから茹でたら冷やしてこのソース、1.9mmはコッチのソース」
という風に。三種類のソースと具材を前にして、パズルを解くようにアタマを抱えていた僕らには神の声だった。

・そして出来上がったものはコチラ。
DSCN8951.jpg
一作目のトマト?バジル?の冷製パスタ。

080726シマノ夕食
そしてボンゴレ?トマト?ソースのパスタ。
どっちもめっちゃ旨かった!


・他にも部族★長さんグループから焼肉やらもろもろと援助していただきました。(何から何まで、ホントにありがとうございました。)

・翌朝チームTTの試走前には手作りと思われる胡桃入り?ブレッドに同じく手作りと思われるブルーベリー&桑の実?のジャムを添えて。これも美味しかった!三人でペロリ。

・チームTT後、ブランチにはリゾット。
080726シマノ朝食
昨夜の夕食で残った食材(ベーコン、ズッキーニ、シメジ?)をいためて仕込んでくれてあったリゾットソースに暖めたご飯をまぜて、粉チーズをかけて。
(ツーバーナーの点火に小一時間ほどかかったのは内緒ですw)
これがまた絶品!この味をなんとかして伝えたいです。

・最後までどうやって使うのか謎だったアンチョビの缶詰とモッツァレラチーズ以外は、全て美味しく頂きました。

・お母さんどうですか?食材の使い方、あってましたか?う~ん、、かなりダメ出しされそう。

・二日目、チームTTにいなかったのも痛かった。もちろん「いてくれれば優勝できた」とはいえないレベル差だったけれど、アノ本番独特の一体感、そして充実感は共有したかったです。

・そんなわけで、レース中も食事中も、いつもその存在は一緒にいましたよ。
でもやっぱりお母さんがいてくれないと何もできない人たちだからw次は一緒にいこう!




スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

安価白

Author:安価白
安価白(アンカホワイト)

輪工房teamAPEX
Squadra Crsa Aprico
坂とれ会所属。


坂が好きです。
(速くはないけど)


@CaffeBarApricoのなかのひとです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。